目次

  1. 表紙にある通りキョーコちゃん収録です
  2. ネメシスVSデビルーク王
  3. リトはハーレムものの主人公としてはかなり好印象な存在
  4. とうとう矢吹神が前人未到の場所へと足を踏み込みやがった
  5. まとめ

表紙にある通りキョーコちゃん収録です

6

もはやスーパーサブ的扱いになっているキョーコちゃん。しかし、その出番の少なさにもかかわらず徐々にリトハーレムへと取り込まれていきます。このマンガに三角関係、というか男女の関係の修羅場を求めることはおそらくできないでしょうが、こうやって段階を踏んで気持ちを深めていく描写にはかなり好印象です。安易にハーレムに取り込まない辺りが意外にきちんとしているんですよね。まあ結局入ってしまうのでしょうが。

キョーコちゃんのメガネ姿と、お決まりのエロシーンもありますので、キョーコちゃんファンは迷わず買い、ですね。

ネメシスVSデビルーク王

5

いつの間に復活してたんでしょうね、デビルーク王。思えばまともな姿での戦闘シーンってこれが初めてではないでしょうか。内容を見れば、なるほど強い強い。ネメシスを圧倒しっぱなしです。表紙はキョーコとルンですが、この間のメインストーリーはまさにこの部分。ネメシスとデビルーク王の戦いで、ストーリーがどのように変化していくかという部分ですね。ここであえて戦闘描写を持ってきたのはネメシスの日常描写介入の常態化が目的でしょうね。

ネメシスはデビルーク王との戦いに敗れ、もはや消え去る運命にあったのですが、そこで案の定リトが行動を起こします。

リトはハーレムものの主人公としてはかなり好印象な存在

4

久々にリトの本気を見たような気がします。ハーレムものはいくつも読んできていますが、私としてはやはりリトが一番好きですね。一本芯が通っている感じが好印象です。取って付けたようなキャラクターではなくて、長期間連載してきたからこそ自然に育まれてきたキャラクターが感じられます。ラッキースケベとこの性格とのギャップは、確かにやられちゃいますよねえ。

そしてどうなったかというと、

2

こうなりました。はい、ネメシスがリトの中に住み込みます。しばらくはこの状態が続くようで、モモのハーレム計画もそのせいでちょっと停滞。ネメシスを日常に取り込んだのは良いのですが、この先はどんな展開があるのでしょうかね。いずれは身体から抜けるでしょうし、そうなった時にハーレム計画とは別の、少しシリアスな感じの筋はどうなるのかが見物です。個人的に無印や「ニセコイ」は巻を重ねるごとにグダグダ感が増したので、マンガ全体を締めるという意味でもシリアス風味な展開は必要なのかなあと。

とうとう矢吹神が前人未到の場所へと足を踏み込みやがった

3

いやあ、これはあかんですねえ。少年誌でこれをやるとは、もの凄い度胸です。くい込んじゃってますよ、モロに。そこにカメラを持ってくるその発想。まさに頭の中ピンクだらけですわ。しかしそれにしても春菜ちゃん、毛とかはないんですかね。いや、ツッコんじゃいけないのはわかってますが、純粋な疑問。これって、これって、もしかして……? な感じがします。

やはり矢吹神は我々の期待を裏切りませんね。常に向上心を持ってマンガ道を進んでいますよ。ちなみにリトが撮った画像を見たかと言えば、見ました。ネメシスに身体を操られ、強制的に。まあリトも見られたりしてるので、これでおあいこ、なのか?

まとめ

ストーリーがまた1つ上の段階に進んだ巻でしたね。色々な意味で。早いものでダークネスももう15巻。そろそろ終わりを考えても良い頃なのかなあと思ったりもしますが、それはそれで寂しかったり。おそらく最後はモモの気持ちの整理的な感じをして、結局は誰も選ばずなエンドになると思いますが、これほど愛されたハーレムマンガというのも他にないのではないでしょうか。せめて20巻くらいまでは頑張って頂きたいところです。それでは今後の矢吹神の活躍を願い、今日のところはここら辺で。