目次

  1. コンセプトは「サーカス編」
  2. 韓国のドールメーカー「dollios」が製作した「シエル・ファントムハイヴ」
  3. 目が完璧
  4. 続いて「セバスチャン・ミカエリス」も登場する
  5. グルーヴからも「サーカス編」ドールが販売される
  6. 両方揃うとかなりヤバイ

コンセプトは「サーカス編」

%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b99

「黒執事」は枢やな氏が2006年から「月刊Gファンタジー」で連載を続けている人気漫画。
アニメ、ドラマCD、実写映画、舞台化され、海外でも人気を博しています。

今回のドールは「黒執事」のサーカス編をコンセプトに製作されており、ピエロメイクや衣装も忠実に再現されています。

韓国のドールメーカー「dollios」が製作した「シエル・ファントムハイヴ」

%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b911

韓国のドールメーカーの球体関節人形で2015年2月から1か月少々の期間限定予約で販売されました。身長が52.5センチの大きい人形で、様々なポーズがとれます。ほぼ完璧と言っていい素晴らしい完成度ですね。コラボドールというのは沢山ありますが、ここまで原作者、枢やな氏が描く黒執事のキャラクターを見事に再現しているドールというのは珍しいのではないでしょうか。メイク、髪型、衣装、マニキュアに至るまで細部に渡って再現されています。価格は10万円超えと高額ですが、完成度と美しさから完売でした。

WWW.DOLLIOS.COM

%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b916
%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b917
%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b93

目が完璧

%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b918

シエルファンは、この美しいアイにやられた方が多いのではないでしょうか。契約の紋章もブルーのアイも非常に美しい仕上がりです。

%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b919

球体関節人形の楽しさは様々なポーズがとれることにあります。背景や小物を駆使して「黒執事」の世界を模した写真を撮ったりするのも楽しみのひとつです。このクオリティの高さのドールだと、写真もすごく映えますね。

続いて「セバスチャン・ミカエリス」も登場する

%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b912

「シエル・ファントムハイヴ」に続いて、2015年12月から「セバスチャン・ミカエリス」も予約が開始されました。これまた凄いクオリティです。

%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b914

こちらも全て忠実に再現されています。衣装はドクロチョーカーやベストにチェーンまでキッチリと、上着を脱げばアームバンドもあり、手袋も付いています。目元のピエロメイクや黒のマニュキア、手の甲の契約の紋章はシールで脱着出来ます。美しいメイクと、何といっても悪魔のレッドアイが強烈に魅力的ですね。シエルとの対比も考慮してか、こちらは70センチの大型です。かなりの迫力です。

%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b913

お値段も15万円超えと、かなりのものですが、キャストドール業界では特に破格という訳でもありません。日本ではDOLKが受注・販売しています。

DOLK.JP

グルーヴからも「サーカス編」ドールが販売される

%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b91

今までにノーマルバージョンと家庭教師バージョンを発売してきたグルーヴも、サーカス編仕様を発売します。こちらは34センチ(テヤン)くらいの可愛いサイズです。しかし衣装はバッチリと決まっています。

%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b92

もちろん、シエルも出ます。こちらは30センチ弱(イスル)で、やはりセバスチャンとの身長差がうまくできています。

%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b921

ミニでもやっぱり揃うと様になります。

両方揃うとかなりヤバイ

%e3%82%bb%e3%83%90%e3%82%b915

二人揃うと、マンガやアニメのワンシーンがそのまま再現出来そうです。「黒執事」ファンだったら、思わず両方欲しくなりますよね。お気に入りの衣装を着せてポーズをとらせたら、もうウットリ眺めるしかありません。三次元の「黒執事」、ファンも納得のハイクオリティです。