目次

  1. 世界各地の猫写真が一堂に
  2. クリエイターは猫がお好き?
  3. クリエイターはなぜ猫好きなのか
  4. 大きな体で小さな猫を愛でる
  5. 関連記事

世界各地の猫写真が一堂に

WWW.DIGITALIWAGO.COM

岩合光昭さんは親子二代にわたって動物写真家として活躍しており、NHKのBSプレミアムで放映されている「世界ネコ歩き」でご存知の方も多いのではないでしょうか。
公認サイト「Digital Iwago」では、岩合さんが世界各地で撮影した猫の写真を紹介する「ネコギャラリー」のコーナーがあり、猫たちがいろいろな表情を見せてくれます。

Iwago1

日本にて、大あくびが可愛らしいブチ猫

Iwago2

トルコにて、洗面器の水を飲む長毛種

Iwago3

ギリシャにて、建物から建物へと跳び移る三毛猫

紹介されているのは日本をはじめアメリカ、イタリア、ギリシャ、トルコなど9カ国の猫たちです。国によって微妙な違いはあるものの、自由気ままな雰囲気を醸し出しているのはどこの国でも大きく変わるところはなく、猫は猫だなあと思わされてしまいます。
それにしても、どうして岩合さんの撮影する猫たちは、こんな優しい表情を見せてくれるのでしょうか。公認サイトではその撮影術の一端を紹介しています。

ネコに出会っても、いきなり駆け寄ったりはしない。そんなことをしたら、ネコを怖がらせるだけだ。まず、「やぁ!」と挨拶をする。そして、反応を見る。すぐに隠れてしまったら、それは撮られたくないという意思表示だ。

出典: WWW.DIGITALIWAGO.COM

筆者は写真の素人ですが、単に撮りたいという気持ちだけでは猫の表情を引き出せないことは十分に理解できます。

クリエイターは猫がお好き?

岩合さんは写真家ですが、どうもクリエイターという人種には猫好きさんが多いようです。猫×クリエイターをテーマにしたサイト「ilove.cat」では、著名な絵本作家やデザイナー、作家、陶芸家ら、創作の世界に生きている人たちが猫にメロメロになっている様子を紹介しています。

ILOVE.CAT

紹介されている猫は血統種あり、愛護センターで保護された元ノラありと、バラエティー豊かです。でも、みなさん猫好きの「同志」であることには変わりがありません。

Neko4 2

クリエイターはなぜ猫好きなのか

それにしても紹介されているクリエイターの多いこと。なぜこんなに猫好きクリエイターが多いのでしょうか。

「犬はさ、話せばわかる(笑)。でも猫は理屈が通らないから」

出典: ILOVE.CAT

これはあるグラフィックデザイナーのインタビューからの引用です。
基本的にクリエイターは「縛られない」人種ですし、理屈よりも感性なところのある人々です。そういうところが、人間に忠実であることを求められず、自由気ままに生きる猫に愛着を感じているのかもしれませんね。

Neko4 1

大きな体で小さな猫を愛でる

個人的にほほえましいなと思ったのはこの画像です。

Neko4 4

力士をクリエイターというのは違和感があるかもしれませんが、勝負をクリエイトしていると考えればまあ許容範囲ではないでしょうか。
大きな体で小さな猫を撫でている姿には癒やされますが、普段は勝負の世界に生きているだけにプレッシャーもかなりのものでしょう。猫の癒やしが好成績につながってくれることを祈っています。

関連記事