目次

  1. 猫も杓子も使った「Prophet-5」
  2. 通好みの「OB-Xa」
  3. 現代に残るビンテージの血脈
  4. 関連記事

猫も杓子も使った「Prophet-5」

亡きSequential Circuitsが開発した「Prophet-5」は、かつてはアルバムを聴けばこの音が溢れていたほどの名器です。発売された1978年は、シンセサイザーといえばモノフォニックが基本だった時代で、5音とはいえ和音を出せたのは画期的でした。
また、作成した音の記録装置を内蔵していたのも画期的でした。MinimoogもOdysseyも作成した音を記憶することはできず、一度作った音を完全に再現することは不可能に近かったのです。これも当時としては最先端の機能で「最先端のハイテクマシン」だったのです。

Prophet5 1

YMOが使用していたことで知られていますが、日本語と英語のWikipediaを見ると、主なユーザーに冨田勲、喜多郎、小田和正、クラフトワーク、フィル・コリンズ、デュラン・デュラン、ホール&オーツ、ピーター・ガブリエルなどなど、著名なミュージシャンやバンドの名前がずらり。アナログシンセサイザーとしては馴染みやすい音だったこともあり、本当に猫も杓子も使っていたという感じです。

坂本龍一氏が弾いているキーボードのうち、上段にあるのがProphet-5です。2012年でも現役なあたりが凄いです。

Prophet-5は当時、モリダイラ楽器が輸入販売しており、定価は170万円でした。ちなみに英語版Wikipediaによると、価格は4495ドルとなっています。1980年当時の為替レートが1ドル=225円ぐらいですから、単純計算ですと約101万円。手数料考えてもぼったくりすぎじゃないの?

通好みの「OB-Xa」

そして、海外製ポリフォニックシンセのもう1つの雄といえばOberheim。Prophet-5の翌年、1979年に発売されたOB-Xでポリフォニックシンセの「対抗馬」となりました。Prophet-5同様に音色メモリーを備えており、それなりに人気を博したのですが、Oberheimの名前を知らしめたのはこの後継機で、1981年に発売されたOB-Xaです。価格は4595ドルとProphet-5より若干高く、日本での販売価格も200万円とそれに準じた形になっています。にしても、何なんでしょうね、この値付け…。

Ob xa

OB-Xaは後継機であるOB-8よりも「出音がいい」として広く使われました。日本での知名度はProphet-5ほどではないですが、どちらかといえば「通好み」なイメージです。ちなみにこのOB-Xaが使用されている楽曲で真っ先に浮かぶのがこの曲です。

Van Halen「Jump」

冒頭からずっと流れているシンセサイザーの音こそがOB-Xaです。ギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレンによる演奏です。

現代に残るビンテージの血脈

Sequential CircuitsもOberheimも今は亡き会社なので、実機の入手は困難です。Prophet-5のメイン開発者であるデーブ・スミスは現在、自らのファクトリーからProphet-5の血脈を引き継ぐ「Prophet-6」を出しています。価格は40万円前後とリーズナブルにはなりましたが、それでも高いですよね。

Prophet6

そんなあなたには、Prophet-5を再現したソフトシンセである仏Arturia社の「Prophet-V」があります。価格の方も99ユーロと一気にお安くなります。さすがに実機をシミュレートしたというだけあって、インターフェースはそっくりです。実機にはなかったエフェクトが装備されているのはご愛敬。実際のユーザーから見ると、出音に若干の違いがあるとのことですが、まあ値段を考えれば問題ないのではないでしょうか。

Prophet5 2

さすがに実機をシミュレートしたというだけあって、インターフェースはそっくりです。実機にはなかったエフェクトが装備されているのはご愛敬。実際のユーザーから見ると、出音に若干の違いがあるとのことですが、実機を探したりメンテナンスしたりする手間を考えれば、価格の方も99ユーロと実機よりかなりお安くなっていることもありますので、まあ問題はないのではないでしょうか。

一方、OB-Xaの方はOberheim代表だったトーマス・エルロイ・オーバーハイムがシンセ製作現場から離れてしまったため、純粋な意味での後継機が存在していません。その状況を気の毒に思ったのかどうかは分かりませんが、OB-Xaをシミュレートしたソフトシンセが、なんとフリーで配布されているのです。「OBXD」というのがそのソフトウェアです。

Obxd

フリーだけあって、さすがにGUIを完全再現というわけにはいかないのですが、これはこれでいい感じですよね?

関連記事

RENOTE.JP

RENOTE.JP

RENOTE.JP