目次

  1. 平沢下戸プロフィール
  2. 特徴

平沢下戸プロフィール

イラストレーターで、同人作家。小説の挿絵、装画を手掛けている模様。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

SKYWHEEL.FOOL.JP

特徴

少なくとも、絵柄そのものには「個性」というものを感じません。見ようによっては雑にも映ります。じゃあ、この人の「強み」とは?恐らくそれは、「光の表現」ではないかと。個人的に初めてこの人を知ったのがこの『村上海賊の娘』の挿絵です。「スクリーントーン多いな」と思いましたが・・・。

Img 0

ホワイトとトーンのみで光と影の明暗を描き分けていたことに気づき、感心しました。どこかに「光源」が描かれており、時には「光源」がなくとも、それがどこにあるか、素人目にも分かる。時に登場人物の心情や、その場の雰囲気さえ、ホワイトで縁取った「光と影」で表していたように思います。時に、それは緩和剤となり、それでいて物語の邪魔にはならない。

60364

何よりも、この人の絵には何とも言えない「爽快感」があります。クールな絵、重苦しい絵にさえ、どこか爽やかさがあるのです。それも絶妙なる「光」のしわざなのです。

03p

一見雑に見える線でさえ、「光の表現」の為なのではないか?と思わせるほどで、よく見ると線が繋がっていないことも。

D h027001 4b

べた塗りのカラー絵でさえ、明暗を描き分ける手腕。ちまちまと影をつけるような真似をしないことだってあります。ベッタリと塗られているのに、厚ぼったい感じはなく、むしろ爽やかなのです。そこにはやはり、色と光の緻密な計算が感じられます。天然でやっているとしたら(そんなことはないでしょうが)、相当のセンスかと。

Bokuraga cover

何だか夏を感じます、この人の絵。水というか、「青」が似合う感じ。しかし最大の特徴はやはり「光」ですね。

4422 1

時に強い光でメリハリをつけ、同時に人物を印象付けます。

News xlarge hirasawa cut

光を巧みに使って、場面を演出。どういった場面がちゃんと伝わります。

Superkids 20aperto

たくさん人がいたって鬱陶しくありません。柔らかい光がどこかにあって、絵を引き締めつつも和らげてもいる。強い光であっても絵を強調させる一種の小道具となる。何だかこの人の絵を見てると、そんな気分になります。主役は人。光は準主役。無論、光があれば影も生まれますが、それだって立派な準主役です。「光の魔術師」、そんな言葉さえ浮かびました。それも、柔らかく暖かい印象を持った光です。