目次

  1. 鬼才、フランク・ゲーリー
  2. その発想はどこからやってくるのか?
  3. 鬼才と呼ばれる理由
  4. フランクゲーリー展「I have an idea」

鬼才、フランク・ゲーリー

Images

世界的な建築家、フランク・ゲーリーをご存知ですか?それまでの建築の概念に囚われない、斬新なアイディアや手法が特徴的な彼の建築。この冬、東京でフランク・ゲーリー展が開催され、彼の世界観に触れようと連日たくさんの人が足を運んでいます。展示会に向かう前に、一度見たら忘れられない彼の建築の歴史をお復習しましょう!

Images  2

その発想はどこからやってくるのか?

Images  3

世界的に活躍する建築家 フランク・ゲーリーは、世の中に衝撃を与えたビルバオ・グッゲンハイム美術館をはじめ、昨年開館しルイ・ヴィトン財団など、半世紀以上にわたり建築の慣習を覆し、世間の常識に挑戦する作品をつくり続けてきました。
見る者を圧倒し、人々の印象に深く残り続ける--その誰にも真似できない建築は、どのように生まれるのでしょうか。

出典: WWW.2121DESIGNSIGHT.JP

Fg guide vol2 02

彼のインスピレーションの根源は、とてもバラエティに富んでいます。日々身近に触れる物の素材や形など、様々な物からアイディアを得ると、それをとことん追求するのが彼のやり方。86歳になり、世界的な名声を手に入れた今でも、それは変わりません。展示会では彼が実際に見て感じてきた彼のインスピレーションの根源が並び、それらを実際に見ることができます。

2015 1018 photo21

常識に囚われない自由な発想が、彼の最大の魅力です。展示会では、実際に彼がインスピレーションを受けてから、どうやって建築を完成させていくかなどの過程やその模型に触れることができます。彼のオフィスの様子などが再現され、仕事というものを超えたクリエーションの世界を体感することが可能です。

鬼才と呼ばれる理由

Images  6

彼が鬼才と呼ばれるのは、やはりその建築の奇抜さから。実はゲーリーはとても晩成の建築家であり、彼の転機となったのは60才でヴィトラ家具博物館を手掛けたところからでした。それ以降、生み出される建築の全ては今までに誰も見た事のない形や質感であり、見るものの目を楽しませています。

Images  4

ゲーリーの建築は彼の鋭い感性にコンピューター技術が組み合わさった賜物なのです。特に近年の3D技術によって、模型の正確性や、建築の構造そのものをもっと深く追及することができるようになりました。

52gcz396 1415335369

フランク・ゲーリー自身のキャラクターもかなり個性的。たびたび会見やインタビューの発言の様子が話題になります。実は彼の会社で働くスタッフは彼と同じくらいズカズカと発言しています。それは彼を追いかけたドキュメンタリー映画「スケッチ・オブ・フランクゲーリー」でも見ることができます。

フランクゲーリー展「I have an idea」

Unnamed

彼についてもっと身近に感じることができる、フランクゲーリー展「I have an idea」は21_21design sightで開催中。仕事をする姿勢やアイディアなど、学ぶべきところが満載です。今までなんとなく彼の建築に触れていた人も、この機会にぜひ、足を運んで彼の世界に触れてみてくださいね。

WWW.2121DESIGNSIGHT.JP