目次

  1. 前回
  2. 仮面ライダーディケイド
  3. コンプリートフォーム
  4. コンプリートフォーム ジャンボフォーメーション
  5. 激情態
  6. 仮面ライダーディエンド
  7. 仮面ライダーキバーラ
  8. クウガ ライジングアルティメット
  9. 仮面ライダーアビス
  10. 仮面ライダー天鬼

前回

RENOTE.JP

仮面ライダーディケイド

Dcd06

主役の見た目は今までで一番奇抜と言われるほどでした。理由はやはりその色使いとバーコード顔でしょう。
今までのライダーを見てみても、メインカラーがピンク(マゼンタ)なのはかなり異色。今ではすっかり慣れましたが、バーコードフェイスも変だと言われまくりでした。
ちなみにバーコード顔はカードの販促のためで、胸は10週年で十の意匠があります。

能力は今までの平成ライダーに変身できることで、フォームチェンジなども使えますが、いちいちカードを挟まなければいけないのが弱点でも有ります。また何もなくとも飛行も出来るという結構な能力を持ってますが、夢の中でしか使っていませんでした。
また、平成ライダーを武器に変化させることが可能です。

コンプリートフォーム

7cedfa27

ディケイドの強化フォームがコンプリートフォーム。胸に平成ライダーを貼り付けた通称歩くライダー図鑑(公式)。
通常ディケイドは平成ライダーに変身できましたが、コンプリートフォームは最強フォームを召喚し、同時に攻撃が可能。
登場シーンが短く、カードを貼り付ける都合でアクションも出来ないので、いまいち本人の強さは不明。

コンプリートフォーム ジャンボフォーメーション

1247468999033

映画オールライダーで登場した巨大なコンプリートフォーム。
コンプリートフォームとの違いは、ベルトがケータッチになっていないことと、名前の通り巨大なことです。
巨大なキングダークと並ぶということでわかるかと思います。

巨大な仮面ライダーJに、ベルトに変化したディケイドがくっつくことで変身しました。

激情態

14644073

怒りによってディケイドが変化した姿。すべての仮面ライダーを倒すディケイド本来の力を発揮する形態です。
特徴として、本来ならばそのライダーの姿でなければ使えないアタックライドを、ディケイドの姿のままで使用可能。
ちなみに激情態という名前の初出は555映画のホースオルフェノクですが、これは劇場版と激情をかけた一種のシャレです。ディケイド激情態も、映画でのみ登場しています。

仮面ライダーディエンド

Img 3

ディケイドの2号ライダー。ベルトではなく銃で変身します。
ディケイドコンプリートフォームのように、各種ライダーを召喚できます。
それ以外はほぼディケイドと同じ能力です。

カードを読みこませなければ何も出来ないのですが、逆にカードを使えばディケイド以上に自由奔放です。

Den o767

ほぼ同じ能力ということで、こちらもディケイドと同じくコンプリートフォームに変身可能。
電王の映画の一部で登場という面白い登場で、張り付くカードが映画で登場したライダーです。
これらを全て一度に呼び出して、同時に使役することが可能というとんでもない能力を持っています。

仮面ライダーキバーラ

20150919215903

ヒロインが変身する仮面ライダーキバーラ。キバット一族の力で変身しているのでキバ系列の見た目をしています。
劇場版でしか登場していないので、詳しい能力は不明ですが、ディケイドに匹敵する能力は持っています。

各種ライダーの世界を旅するという設定なので、他にもこのような以前のライダーの似た形態のライダーが登場します。

クウガ ライジングアルティメット

090516 kuuga2