目次

  1. 第五章 紫のカエル強盗団
  2. 第六章 恋する双子のステレオカメラ
  3. 第七章 あなたを忘れるその日まで
  4. まとめ
  5. 関連記事
  6. 関連リンク

第五章 紫のカエル強盗団

47684 583363588380722 123150794 n

小説の舞台となった谷中銀座商店街(谷中銀座商店街様Facebookより)

薬局の前にある紫のカエルの人形が、いつの間にか店の前に移動している。そんな不可思議な出来事が続くようになった「今宮写真機店」で強盗事件が発生!?1人で店番をしていた来夏の運命は!?

まさかの強盗事件が発生した「今宮写真機店」。犯人の動機は意外なものでした。「写真」が背負う現代社会の問題を今宮がどうやって解決するのか最後まで予想できません。そして、ラストはかなりの傑作です!

第六章 恋する双子のステレオカメラ

2つの写真を眺めていると立体になって見えるという「ステレオカメラ」の愛好家・小林兄弟。小林兄弟はとあるステレオ写真の謎解きを今宮に依頼しにやってきます。写真に写っているのは美しい女性。自分達と同じ双子の女性がステレオカメラを愛好していると知った小林兄弟は、どうしてもその女性に会いたいと言うのですが・・・?

2枚の写真に隠された謎に今宮も大苦戦。そして、ようやく辿り着いた写真の主によって明かされる真実は思いもよらないものでした。最後にはちょっとした奇跡もおきて・・・。この作品らしい温かいラストが待っています。

第七章 あなたを忘れるその日まで

Leica

来夏が手放したカメラがあるかもしれません(日本カメラ博物館様ホームページより)

来夏が手放した遺品のカメラ。ついに最後の1台が売られてしまう日がやってきました。その時、来夏がとった思わぬ行動とは?

来夏の家族が残したメッセージ「桜」「暗い空」「雪」。たった1つの望みを託し、今宮が最後の謎解きに挑戦します!明かされる来夏の過去。今宮の想い。2人がどんなエンディングを迎えるのか?「谷中レトロカメラ店の謎日和」の全てが集約された柊サナカ先生の描く真骨頂には感動せずにいられません!

まとめ

「カメラ」を題材に7つの謎解きが繰り広げられる「谷中レトロカメラ店の謎日和」。読んだ後にとても優しい気持ちになれる心温まるミステリー小説です。
7つの章はそれぞれ独立していますが、実は読み返してみるとそれぞれの章にメッセージが散りばめられていて、それが第七章へと結びついている事に気付かされます。1度だけではなく、ぜひ何度か読み返してみて下さい。きっと「ああ、これが最後に繋がるんだ」と発見する楽しみもありますよ。

ところで、筆者は「谷中レトロカメラ店の謎日和」に1つだけ物足りなさを感じております。それは・・・「あとがきに柊サナカ先生のメッセージがない」ではありませんか!

先生がこの作品にどんな想いを込められたのか知りたい!
我慢できなかった筆者は、柊サナカ先生にインタビューを敢行!なんと!ご多忙中にも関わらず柊サナカ先生がインタビューに応じて下さいました!

そこで、「谷中レトロカメラ店の謎日和」のレビュー(前後編)に続いて、柊サナカ先生へのロングインタビューをご紹介!先生から読者の皆様へのメッセージもあるのでお楽しみに☆

関連記事

RENOTE.JP

RENOTE.JP

RENOTE.JP

関連リンク

TKJ.JP

KONOMYS.JP

TWITTER.COM

WWW.YANAKAGINZA.COM

WWW.JCII-CAMERAMUSEUM.JP