目次

  1. あらすじ
  2. キャラが違う!マリオ編
  3. キャラが違う!ルイージ編
  4. キャラが違う!クリボー編
  5. したたか!ピーチ姫
  6. いろんな意味でクッパが怖い!

あらすじ

深夜にテレビゲームをしていたマリオ。突如画面が切り替わったと思うと、そこから美しい女性、そして奇妙な生物たちが飛び出してきます。女性の名はピーチ姫。「キノコ王国」の姫です。マリオはすっかり一目ぼれのデレデレですが、画面から先の生物たちの親玉、クッパが現れてピーチ姫を連れ去ってしまいます。「嫁にする」ために。姫の落としていった首飾りを手に、マリオは弟のルイージ、奇妙な犬キビダンゴともどもピーチ姫の救出に向かうのでした。

Img 3

こちらはパイロットフィルム的なものなので、微妙にキャラデザ等が違います。

キャラが違う!マリオ編

現在のマリオ像は、ヒーロー的。即ち、陽気で友好的で、正義感や使命感が強い、というもの。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

夜中に熱心にテレビゲーム(ファミコン?)してます。しかもやばげな目つきで。クッパ相手に一応ファイティンングポーズこそとるものの、「やっぱり怖い!」と姫の陰に隠れるわ、人差し指でちょいと押しただけで沈むわ・・・今のマリオ像とだいぶ違いますね。おまけに姫のことで頭がいっぱいになり、仕事も上の空。ちなみに職業は配管工ではなく、雑貨屋の経営です。

565f3d54

ゲーオタなマリオ。いくらゲームのキャラだからって・・・。

がめついところもあります。姫を救うのはもちろん彼女のためですが、コイン大好きな面も。

キャラが違う!ルイージ編

初期は兄貴肌な性格だったが、次第に気弱で臆病な性格へと変遷。「永遠の二番手」と、自分で言うことも。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

Hqdefault

「兄貴、目覚ませ」的なシーンも。

今作では兄貴肌というか「守銭奴」で何だか擦れた印象です。姫救出を受けた兄についていくものの、「ギャラは?」などと聞いてます。まあ確かに怪物と戦うんだから、タダじゃやってられませんよね。そういう意味では現実的なキャラです。かと思えば、のんきに温泉つかったりワライダケの食べすぎで馬鹿笑い・・・姫の安否を気遣うどころか、コイン探しに奔走してました。マリオのことは「兄貴」と呼びますし、双子じゃありません。

キャラが違う!クリボー編

ゲームじゃ「踏まれるだけ」と言っても過言ではない『マリオ』一の雑魚キャラですが、今回はスパイのごとくマリオ兄弟の動向を監視、巧みに危険個所へ誘い込んだりして妨害します。

Images

手がありました、映画クリボー。

したたか!ピーチ姫

201105180219077b1

「あなたなら勝てる!」とマリオに無理ゲー強いるわ、クッパを策ではめるわ・・・したたかです、姫。画面から飛び出す前もノコノコとかしばいてましたし。そして衝撃の声優、山瀬まみ・・・。

いろんな意味でクッパが怖い!

テレビから出てきて、マリオを沈めて、姫をさらって・・・ストーカーな上、姫に対し妙に「優しい」のも気持ち悪いです。彼なりの愛情表現か?と思ったら、やっぱり悪党でした。姫の策略にはまったかと思えば敬語で脅すし、姫の頼みも聞かずマリオを痛めつける・・・でも結構紳士ではありました。

0 1

何が衝撃って声優です。和田アキ子さんなんです。今で言う「タレント声優」ですが、妙にうまい。というか、ドハマりしているのが、なんか怖いです。

『スーパーマリオブラザース』を元にしているため、「パワール」と呼ばれるアイテム(つまりキノコ、フラワー、スター)を探す、といった要素や「マリオふりかけ」「マリオラーメン」などの宣伝も。「ゲーム原作の昔のアニメ」ですが、だれることなく見られます。

Hqdefault

スター(作中では「星」)をGETした瞬間。