目次

  1. セカイ系マジックワード
  2. こどな
  3. ヒロイズム前線
  4. みよ姉の藍色
  5. 巡恋歌
  6. イタイほどかわいい
  7. やさびき

セカイ系マジックワード

不機嫌な彼女・ひいちゃんとラブラブ彼氏・コースケ。二人でいれば世界は明るい。

出典: WWW.OHTABOOKS.COM

20歳前半女子をターゲットにした赤文字系ファッション誌『an・an』に掲載された作品。
嫌な上司や顧客、友達…自分を取り巻くすべてを滅ぼしたいくらいイライラしていた彼女、ひいちゃんは
イヤホンセットして独り布団でゴソゴソ…優しい彼氏・コースケの『魔法の言葉』でイライラもムラムラもスッキリ!?

「こんな物わかりのいい男いるかよ!!」とつっこみたくなったりもしますが(笑)
文句ひとつ言わず、「かわいい」「かわいい」と甘えさせてくれて、
どんなワガママも訊いてくれちゃいそうな彼氏がいたら幸せだろうなぁ、という
ファンタジー作品…ですかね?

それとも赤文字系読者のイマドキ女子たちはこんなイイ男(?)つかまえてるのか!?
それはそれで羨ましいような…。

こどな

中学校の先生(処女)・満ちると、真っ直ぐな男子生徒・江藤くん。絶対バレちゃいけない、遅咲きの恋。

出典: WWW.OHTABOOKS.COM

これまたファンタジック(?)なラブストーリー。
ひょんなことから自分が受け持つ男子生徒・江藤君と身体を重ねてしまった中学教師、満ちる。
教頭に「淫行だけはやめてね」と釘を刺され、冷や冷やしながら日々を過ごし…
やる気満々なお年頃中学生男子江藤くんが諦めてくれるはずもなく、またこの間まで処女だった満ちるは
すっかり色ボケ状態に…

真面目な人ほど深みにはまるものなんですよね…
バレてクビになり、最悪逮捕されるかもしれないリスクを冒してまで
教え子との恋愛にのめり込んでいく満ちるの姿…喪女(モテない女)の
イタさ全開ですがコミカルに描かれているためか不思議と嫌な気持ちにはなりません。

ヒロイズム前線

魔法少女を夢見た女の子と、特撮ヒーローに憧れた男の子。ワケありな彼女を幸せにできるのは誰?

出典: WWW.OHTABOOKS.COM

お客さんに“夢”を売るイメクラで働くショーコさんとその彼氏(?)ボーイのムネヒサ。
ショーコさんは「濡れないから」といつも最後まではさせてくれない。それなりにラブラブな生活を送っていた二人に、怪しい影が近づく…正義のヒーローに憧れるムネヒサはショーコさんを守るため、果敢に立ち向かうのだが…

うーん、イタイ。まさしくイタ女です。
女が共感する女、というよりは男が手のひらで転がされたい系女子第一位!!
って感じなのかもしれません(笑)DVやら借金やらで酷い仕打ち受けた男に呼び出されてホイホイ出て行っちゃう女ですよ…
所謂共依存ってやつなのでしょうか?しかし、ムネヒサはきっとそれでも「私が間違ってたの…!」なんて縋られたら
すんなり許しちゃうんだろうなぁ。私としては寧ろムネヒサが憎めないおバカさんだなぁ、なんて思っちゃうのです…。

みよ姉の藍色

いつも周囲を振り回す迷惑なお隣さん・みよ姉は、子供の頃から死ぬほど“嫌い”で“大好き”な人。

出典: WWW.OHTABOOKS.COM

きました。こちらも男を手のひらで転がす系女子。同性に嫌われちゃうタイプ(笑)

学生時代、『のんちゃん』の兄と付き合っていた『みよ姉』。隣同士に住んでいたが為に
ベランダの避難用壁を破ってまで彼氏である兄と逢っていたのですが、ある日兄と別れることとなり、
部屋を交換してもらったのんちゃんのもとへ、みよ姉はベランダ伝いに訪れ…

「のんちゃんには関係ないよね」なんて言いながら男を替える度何度も何度も泣きに訪れるみよ姉に我慢の限界!!
「大嫌いだ」「二度と来るな」と告げるのんちゃんですが、やっぱり「嫌い」で「大好き」なお姉さんですからねぇ…。
そんなに好きならくっつけばいいのに、とは思うんですけど。

いつもの“ルーティン”がなければ自分を保てないのかもしれません、みよ姉も、たぶんのんちゃんも。
歪んではいるけどこれもひとつの愛の形なんでしょう。共感しづらいところではありますが(苦笑)

巡恋歌

初恋の彼・進藤くんは、十年ぶりに再会したときゲイになっていて、しかも不倫相手の恋敵だった!? 

出典: WWW.OHTABOOKS.COM

既婚男性を巡るOLvs男の部下(初恋のカレ)のバトルの行方やいかに!?

(※単行本内に続編も収録されています)同じ男を愛する二人は何故か女同士のような親友(悪友?)関係になり…
男同士ゆえ気楽に気持ちを伝えることができない進藤くんと、両想いで体の関係を持っているチエ。チエは圧倒的有利な立場にいると思われたのですが、進藤くんに『レイプ』されたのを切っ掛けにどんどん気持ちが傾いていっちゃうのです…!

阿仁谷ユイジ先生の描かれるBL漫画を愛読している腐女子の私が一番気になってたシリーズです。BL展開あるのかな…!?と思いきやゲイ&女の百合…まあこれもこれで百合好きにとってはおいしいです。

イタイほどかわいい

女子力高すぎる女友達(♂)・進藤くんと、オンナ業さぼりがちのチエ。腐れ縁の行方。

出典: WWW.OHTABOOKS.COM

表題作にして純恋歌の続編描き下ろし漫画です。
10年ぶりの再会に初恋が実るかと思われたがそれもかなわず、
進藤くんと再び離れてしまったチエ。しかし、2年後現れた進藤くんは
ゆるふわパーマに丸いおでこ、ふわふわのおっぱいを手に入れ可愛い「オンナノコ」になっていたのです…

男の娘ですよ、男の娘!!否、ニューハーフといったほうが正しいでしょうか。
どこからどう見ても女の子なのに「ついてる」って堪りません…おっと、つい腐女子の悪い癖が(笑)

不倫相手と別れて『かわいい』を演出することに疲れてしまい、
進藤君曰くの「オンナ業サボりすぎのブス」と化してしまったチエと
女の子より女の子らしくなった進藤くん(さん?)は一緒におそろいの下着を買い、
すっかり本物の女友達のよう。
チエのアパートへ帰った二人は女同士のじゃれ合いからいつの間にか
なし崩しの行為になだれ込んでいきます。(何故!?)実は…「工事」をしていない進藤くんには
まだ男性機能が残っていて、当然最後まで致してしまいます。今度こそ『女同士のカップル』として
結ばれるのか…!?と思われたのですが、

進藤くんはいつの間にかチエに内緒で彼氏を作ったり、別れたりの繰り返し!
まあ所謂セフレどまりの関係だったわけですよね…。大なり小なり男を振り回していくイタイ女たちが
題材となったこちらの一冊では唯一、(元)男が女を振り回すという展開…
しかし、先にの『ヒロイズム前線』『みよ姉の藍色』のヒロインよりはどこか憎めない魔性のオンナぶり
なのです…!!うーん、腐女子フィルターのせいかしら…(笑)

この作品にはまさかのどんでん返しが待っているわけですが、それはぜひコミックスにて!



やさびき

日本画擬人化まんが。尽くす男「エシくん」(絵師)と超絶手がかかる「ニカワちゃん」の恋。

出典: WWW.OHTABOOKS.COM

その他、日本画の画材を擬人化した『やさびき』という4コマ漫画も掲載されています。こちらは
エシ(絵師)くんを翻弄する安いのに強情なニカワちゃん(三千本膠)・群青と朱色のイワエノ軍(岩絵の具)・高価だが扱いやすいナンジン(軟靱膠)といった癖のある女(画材)たちの巻き起こすドタバタ劇が描かれていて、
3分くらいのショートアニメで見てみたいなぁ、と思ってしまいました(笑)

エロティクス・エフという掲載雑誌の性質上、性描写を含んだ作品ばかりとなっておりますが、
ぼかしが必要となるくらいの描写はないので『少女コミック』やTL(ティーンズラブ。高校生くらいの女子を対象にした
比較的過激な性描写を含んだ少女コミックの総称)に慣れ親しんでいる方、男性でも青年漫画をよく読む方にとっては
そこまでえぐい描写でもないかと思います。

あなたも、可愛くて“イタイ”女子たちの日常をちょっと覗いてみませんか?

71clas0aagl