目次

  1. おそ松の場合
  2. 十四松の場合
  3. チョロ松の場合
  4. 一松の場合
  5. トド松の場合
  6. 結論

おそ松の場合

3bc8a328 s

おそ『うるさいなぁ…何時だと思ってんの。まだ朝の10時だよ』
と眠そうに電話に出たのはおそ松。
『てめぇのとこのカラ松を誘拐した』
『返してほし…』
とチビ太は脅そうとしましたが…
『いえ違います』
と言って切ってしまいます。
お、おそ松はきっと業者の電話だと思ったんですよね!

十四松の場合

5ebb34aa s

まずはダイレクトにジャンプしてドアに突っ込みます。
『カラ松兄さんが妖怪?どういうことですか!』
…どうやら十四松は誘拐と妖怪を聞き間違えたようです。
チビ太にも思わず
『誘拐だバーロー!』
と突っ込まれてしまいます。
そして聞きなおして…
『カラ松兄さん海で妖怪にカンチョーされて死ぬって』
聞き間違えが進化しました。
カンチョ―は何処から来たんだ!
何故カラ松というワードだけは聞き取れるんだ!
取り敢えず緊急の電話は十四松以外の人が出るべきだということが分かりました。

チョロ松の場合

180a4b4c s

チョロ松は十四松から電話を受け取り…
『代わって。もしもし。うちの次男が海で妖怪にされてカンチョーされて死ぬってほんとですか?全然違う?よかった~』
とまずは安心します。
その後にカラ松が誘拐されたという事実を知り
『やばいよ!カラ松が誘拐されちゃった!何くつろいでんの!兄弟の命かかってんの!』
と急いで兄弟に知らせます。
次男を本気で心配してくれるチョロ松。
チョロ松はこの5人の中で一番対応が良いと想います。

一松の場合

De11be60 s

『カラ松って誰?』※一松はカラ松のことをあまりよく思っていません。
それにしても酷いwww
存在自体忘れてしまうほど嫌いなのでしょうか。
でもきっと少しは心配してくれているのですよね…多分。

トド松の場合

31216892 s

まずはおそ松が競馬で勝ったことを当てるトド松。
おそ松っていつも勝っているような…
そしておそ松が
『お前なんでそれを…』
と言ったところですかさず
『え!ほんとに勝ってたの!?』
と言います。
トド松は心理を読むことが上手いのでしょうか?
メンタリストDaigoになれそうです。
その後に
『うまいでしょ?馬だけに』
と駄洒落を言ってみます。
上手いですけど…
ってトド松は全然心配してないですねw

結論

032f0757 s

結局兄弟は誰もカラ松を助けに行ってくれませんでした。
そう…全ては母が持ってきた梨のせいで…
梨ってこんなに偉大だったのですね。
この始末にメンタルが強そうなカラ松も落ち込んでいました。
そりゃそうですよね…
ちなみにカラ松は無事チビ太に解放されました。
一応めでたしめでたしなのかな!?