目次

  1. SiMのこれまで
  2. M1 GUNSHOTS
  3. M2 KiLLiNG ME
  4. M3 Amy
  5. 終わりに

SiMのこれまで

A 1 image

SiM are
Vo MAH
Gt SHOW-HATE
Ba SIN
Dr GODRi

SiMは2004年に神奈川県で結成し、昨年結成10周年を迎えました。
現在結成当初からのメンバーはMAHのみであり、2009年に現在の体制になっています。

その間はメンバーチェンジ、メンバーの病気、レーベルの解雇などがありましたがそれを乗り越え、2011年にリリースしたアルバム「SEEDS OF HOPE」に収録されている楽曲「KiLLiNG ME」は動画サイトで1000万回再生突破(現在まで)、翌年発売のミニアルバム「LiFE and DEATH」はオリコン初登場9位獲得するなど大躍進を見せます。

2013年にはメジャーデビューを果たし、今年7月には2010年からライブハウスで行ってきた自主企画ライブ「DEAD POP FESTiVAL」を地元神奈川でフェスとして開催しました。
2日間開催し、ライブには氣志團やMAN WITH A MISSION、キュウソネコカミなどが出演しました。

今年は「最初で最後」と銘打った日本武道館公演を成功に収めました。
「最初で最後」と言っているので「解散するのか?」と思った人も少なくないでしょう。
ですがMAHは日本武道館は特別な場所であり、ここでライブをやるのは一回だけでいいと語っています。

来年は久々のアルバムをリリースし、横浜アリーナでのライブが決まっています。
DEAD POP FESTiVALの開催は追って告知するとのことですがこれまで反骨心溢れるレゲエやラウドロックなど様々なジャンルを融合させてライブを沸かせてきた彼らのライブ人気曲を3曲紹介します。

M1 GUNSHOTS

2014年リリースのミニアルバム「i AGAINST i」に収録された楽曲です。
腕を上下に振るモンキーダンスという振りがオーディエンス一体となって楽しめます。
また、レゲエ調に転調するところで手を横に振ります。
ライブではMAHの「モンキーダンスしよーぜー!」という言葉の合図から演奏が始まり、SHOW-HATEの奏でるキーボードと合わせてモンキーダンスを踊ります。

M2 KiLLiNG ME

2011年リリースのアルバム「SEEDS OF HOPE」に収録された楽曲です。
アルバムのリード曲であり、前述でも紹介した通り動画サイトでこの曲のMVの再生回数は1000万回再生を突破しています。
ライブでオープニングナンバーとして演奏されることが多いキラーチューンです。

M3 Amy

2012年リリースのミニアルバム「LiFE and DEATH」に収録された楽曲です。
ダブステップの要素とラウドロックを融合させたライブでも後ろでツーステップを踏むオーディエンスが増えるアッパーチューンです。

終わりに

いかがでしたか?
SiMは今回紹介した曲以外にもBlah Blah Blahといったオーディエンスも歌える曲など様々な曲があります。
今年はかなりの飛躍の年になったといえるでしょう。
来年もこの勢いで走り抜けてほしいです。