目次

  1. アニメ化決定!漫画「聲の形」
  2. 障害と少年少女の成長、挫折
  3. 酷いいじめの数々・・・
  4. 高校生になった二人は・・・
  5. 登場人物
  6. 石田将也
  7. 石田将也の魅力
  8. 西宮硝子
  9. 西宮硝子の魅力
  10. 西宮結絃
  11. 西宮結絃の魅力
  12. 植野直花
  13. 植野直花の魅力
  14. 川井みき
  15. 川井みきの魅力
  16. 佐原みよこ
  17. 佐原みよこの魅力
  18. 永束友宏
  19. 永束友宏の魅力
  20. 真柴智
  21. 真柴智の魅力
  22. 最後に

アニメ化決定!漫画「聲の形」

51agbfinjyl. ac ul320 sr214 320

高校生になって再会した二人

『聲の形』(こえのかたち、英題:A Silent Voice)は、大今良時による漫画。最初の作品が45Pで『別冊少年マガジン』2011年2月号に、リメイクされた作品が61Pで『週刊少年マガジン』2013年12号に掲載された。『週刊少年マガジン』にて2013年36・37合併号から2014年51号まで連載。単行本は全7巻。2014年11月19日発売の、週刊少年マガジン第51号にてアニメ化が発表された。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

障害と少年少女の成長、挫折

20140113205006

聴覚障害を持つ少女・硝子

覚の障害によっていじめ(嫌がらせ)を受けるようになった少女・硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲に切り捨てられ孤独になっていく少年・将也の2人の触れ合いを中心に展開し、人間の持つ孤独や絶望、純愛などが描かれる。
物語は2人が小学校時代における出会いの回想から始まる事になる。

出典: MATOME.NAVER.JP

酷いいじめの数々・・・

31533ff1

小学校時代の硝子

耳が聞こえないため、硝子はうまく音読ができない。後ろから話しかけても何の反応も見せない硝子に主人公・将也は何度もちょっかいを出す。いたずらは次第にエスカレートし、硝子の補聴器を壊すような事件にも発展。硝子が特別支援学校に転校した後、今度は将也がいじめのターゲットになる。

高校生になった二人は・・・

1432655862183

高校生になった二人

高校生になった二人は、再会を果たす。初めは将也から逃げていた硝子だが、硝子のために手話をマスターした将也の強い気持ちに少しづつ、硝子の心は魅かれていく。硝子と将也の再会をきっかけに、小学校時代の友達が‘あの頃’を修復するかのように集まる。

登場人物

Images

石田将也

3289355e

小学生時代の将也は粗暴なガキ大将タイプの少年。耳の聞こえない硝子に、好奇心からいじめを行ってしまうが、それがあまりに度を過ぎたものになって学級裁判にかけられ、クラスから断罪される。
学級裁判以後、スクールカースト下位に転落した将也は、クラスメイトから手のひらを返すようにいじめをうける、それまで仲が良かったクラスメイトとは対照的に、いじめていたり取っ組み合いのけんかまでしたにもかかわらず最後まで自分を見捨てずに友達になろうとしてくれた硝子の優しさに気づくが、時すでに遅く、硝子は転校により学校を去っていた。
硝子への謝罪と感謝の気持ちを伝えようと、将也は独学で手話を学びながら硝子を探し、ようやく5年後、高校3年生になった硝子と再会する。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

石田将也の魅力

小学校の頃、クラスに一人はいたお調子者でガキ大将タイプの少年。硝子が学校を去って以降、暗黒の時代を送っていた。
いじめの対象になってから、硝子の優しさや辛さを理解し、それゆえ人間関係に少々臆病になっている。

西宮硝子

C5105e62

先天性聴覚障害を持つ少女。障害の程度は軽くなく、補聴器をつけても会話はほとんど聞き取れず、発話も不完全で他者には内容が聞き取りづらい。
母親の方針もあって、小学校は特別支援学校ではなく普通校でのインクルージョン教育を選択するが、度重なるいじめを受け、将也のいた水門小学校のあとは、同校での担任だった竹内からの強いすすめもあって特別支援学校に移った。
小学校での硝子は、クラスに溶け込み友達を作ろうと努力するが結局うまくいかなかった。特別支援学校への転校以降、将也と再会するまでは孤独で内向的な生活を送っていた模様だが、将也との再会後は、小学校時代の旧友との交流が復活するなど、めまぐるしい人間関係に翻弄される。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

西宮硝子の魅力

障害がありながらも、友達の輪に入ろうと一生懸命な硝子。
高校生になってからは、人間関係にも少しずつ諦めがにじみ始め、愛想笑いでごまかすことが多くなっていた。
将也と再会し、小学校時代の級友と関係修復していく中で、人と分かり合う喜びを学んでいく。
失敗と失敗と失敗と成功を繰り返して、それでも懸命に生きていく強さが硝子の魅力。