目次

  1. 前回
  2. 仮面ライダーキバ キバフォーム
  3. ガルルフォーム
  4. バッシャーフォーム
  5. ドッガフォーム
  6. ドガバキフォーム
  7. エンペラーフォーム
  8. ドガバキエンペラーフォーム
  9. 仮面ライダーイクサ
  10. ライジングイクサ
  11. 仮面ライダーサガ
  12. 仮面ライダーダークキバ
  13. 仮面ライダーレイ
  14. 仮面ライダーアーク

前回

RENOTE.JP

仮面ライダーキバ キバフォーム

19962

変身するとまずこの姿になるのがキバフォーム。久々の生身感のあるライダーです。
吸血鬼=ヴァンパイアがモチーフに組み込まれているので、どことなくコウモリのイメージが組み込まれています。
赤い主役が続きますが、こちらは黄色や銀色も入っているのでそんなに赤いイメージだけではないですね。

モチーフには縛り付ける鎧も含まれているので、銀の鎖がまとわりついているのも特徴の一つ。これは後述の強化フォームのための設定と組み付いたデザインで、完成度の高さが伺えます。

ガルルフォーム

20141219032335e04

キバの世界観にはいくつもの伝説の生き物が存在しているという設定があり、キバの並列フォームチェンジはそれらの力を借りて変身することになっています。

ガルルフォームは狼男の力を使ったフォーム。狼男が剣に変身し、振り回して戦います。
狼のように軽快かつ荒々しい戦い方をして、まさしく野獣のようです。
必殺技は剣を口に咥えるというまさかの動きをします。

バッシャーフォーム

Vlcsnap 198091

魚人と合体するとこの姿に。
魚人は銃へと変形し、水の力で闘うことが出来るようになります。描写だけならかなり強く、何もない空間に水場を出現させて、その上を優雅に滑るという技を発揮しますが、なんと出番はほぼ一回。
なぜだかキバの前半は主役の戦闘シーンが短く、前半が見せ場の並列フォームは出番が激減ということになってしまっています。

ドッガフォーム

Clipimage 43

フランケンシュタインの怪物と融合することでこの姿に。巨大なハンマーを豪快に振り回し、雷の力で戦います。
いわゆるパワー系のフォームで、固い相手に活躍しました。
出番の少ない並列フォームの中では、比較的出番が多い方でした。

ドガバキフォーム

Kiva91

上記4フォームの力を一挙に結集させたフォームです。アギトのトリニティのような姿ですが、こちらも同じように出番は一回です。
4フォームの力をすべて扱えるため、すべての武器を使えるという設定では有りますが、この姿ではハンマーは未使用。
必殺技は両足キックです。

ちなみに、「ド」ッガ、「ガ」ルル、「バ」ッシャー、「キ」バで、ドガバキフォームです。

エンペラーフォーム

Kiva 53

キバの強化フォームです。キバフォームで紹介した鎖と鎧を脱ぎ捨てて、キバの真の力を開放した姿になります。

全身が金色になり、皇帝の名が示す通り高貴なマントを装着しています。
いつもの強化フォームと比べるとかなり登場が速く、他ライダーでいえばただの中間フォームぐらいの速さでしたが、意外にもキバのパワーアップはここまで。その代わり、後半では新しい武器が追加されました。

ドガバキエンペラーフォーム

23017842

ドガバキとエンペラーの力を合わせた形態で、キバのハイパーバトルビデオに登場。
あくまでおまけのような姿なので、詳しい設定はありませんが、とにかく奇跡の力のフォームだということです。

武器を三種類すべて使うことは当然可能ですが、こちらはエンペラーフォームの状態でも普通に可能。
そのためこのフォームで何が強くなったかは不明です。

ちなみに、デザインの都合上ドガバキのキ、キバフォームの要素はありません。ドガバエンペラーです。

仮面ライダーイクサ