目次

  1. EGOISTの概要
  2. 謎だらけ
  3. 楽曲のクオリティと表現力の豊かさ
  4. まとめ

EGOISTの概要

プロデューサー:ryo(supercell)
Vocal:chelly

まず、筆者がEGOISTというアーティストを知ったのは
ノイタミナのアニメ『PSYCHO-PASS』のエンディングテーマを聴いたことがきっかけだった。
しかし、元はアニメ『ギルティクラウン』のストーリー内でのみ存在するグループであり
そのアニメが終了した後も活動を続けていることが分かった。

元々、アーティスト集団supercellのメンバーの1人である
ryoさんとchellyさんのプロジェクトという印象が強いが
その幅は単に音楽制作のみではなく
supercellの他のメンバーによるジャケットデザインなどまで幅広い活動が行われている。

ライブ映像を見ても本人映像というのは一切ない。

謎だらけ

ボーカルのchellyさん
ネットで検索をしても、その顔すらちゃんと確認できるものはない。
PVやライブ映像に本人映像はない。

しかし、ここで冷静に考えてみると
そもそもアニメから派生したグループであり
実態があるようでないようなもの。
しかも、ここまで徹底したやり方はむしろこのまま突き進めてほしいとさえ思う。

アーティスト集団が作ると
映画みたいなPVが仕上がるわけである。

楽曲のクオリティと表現力の豊かさ

単にPSYCHO-PASSからその存在を知った筆者だが
過去にリリースした曲を耳にしても、全ての曲がすんなり入ってくる。

覚えやすく印象深いメロディーがあり
サビの部分では、前半と後半でメロディーラインを変えて
さらに聞く者の心を煽っている。

曲のジャンルも、ロック、ジャズ、ポップス、テクノなど
幅が広い為、どのジャンルからでもスムーズに入れるのではないだろうか。

また、chellyさんの歌はその曲ごとに現れる色んな表情が特徴的だ。
とにかく歌唱力が抜群で真似しがたい、個性的なノドの使い方をしている。
どの曲もサビの部分では
透明感を持ちつつ、確実に印象に残す突破力を持っている。

まとめ

アニメPSYCHO-PASS以降も
別のアニメのタイアップに曲が使用されるなど、
活動の幅はとどまることを知らない。
CMなどで聴いたことがある歌声だな~と注意を向けると
EGOISTの曲だったりする。
今後も更なる活躍が期待されるグループだ。