目次

  1. 2015年の冬アニメとして放送された作品
  2. 筆者が見たアニメの感想とか① ~憑物語~
  3. 筆者が見たアニメの感想とか② ~アルドノア・ゼロ(2期)~
  4. 筆者が見たアニメの感想とか③ ~暗殺教室~
  5. 筆者が見たアニメの感想とか④ ~黒子のバスケ~
  6. さいごに

2015年の冬アニメとして放送された作品

【2014年12月放送開始】

●江戸川コナン失踪事件~史上最悪の二日間~
●接続無用
●憑物語  
●テイルズ オブ ゼスティリア ~導師の夜明け~ 

【2015年1月放送開始】

●アイドルマスター シンデレラガールズ 
●アブソリュート・デュオ 
●アルドノア・ゼロ(第2期) 
●暗殺教室 
●ISUCA 
●うわばきクック
●神様はじめました◎ 
●艦隊これくしょん -艦これ- 
●キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎 
●黒子のバスケ
●血液型くん!2 
●幸腹グラフィティ 
●純潔のマリア 
●冴えない彼女の育てかた 
●銃皇無尽のファフニール 
●少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 50- 
●ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編 
●新妹魔王の契約者 
●聖剣使いの禁呪詠唱 
●戦国無双 
●蒼穹のファフナー EXODUS 
●探偵歌劇 ミルキィホームズ TD 
●デス・パレード 
●デュラララ!!×2 承 
●ドアマイガーD
●東京喰種トーキョーグール√A 
●DOG DAYS″ 
●ぱんきす!2次元 
●美男高校地球防衛部LOVE! 
●みりたり! 
●みんな集まれ!ファルコム学園SC 
●ユリ熊嵐 
●夜ノヤッターマン 
●ローリング☆ガールズ 
●わしも 第2シリーズ 

【2月放送開始】

●アニメで分かる心療内科 
●Go!プリンセスプリキュア


↓補足動画および各作品のPVはこちら↓

筆者が見たアニメの感想とか① ~憑物語~

71oo50g2yil. sl1383

✽ジャンル(青春/怪異)

『憑物語』は、現代の怪異に襲われた少年少女の姿を描いた「物語シリーズ」のひとつ。

事の発端は、大学受験を控えた阿良々木暦の体に起こった異変でした。
「鏡に自分の姿が映らない」「妹に踏まれ、骨折したはずの箇所が凄まじいスピードで治癒していく」。
結論を言うと、暦は忍に血を与えていないにも関わらず春休みのように吸血鬼化していたわけです。
困り果てた暦は忍の助言で怪異の専門家・影縫余弦(かげぬいよづる)と、童女・斧乃木余接(おののきよつぎ)に接触を図ります。
(以下略)

2014年の大晦日にニコニコ動画ほか地上波で一挙公開されましたが、
とてもお茶の間で見れる内容ではありませんでしたねww
主人公が妹と風呂に入り出したり、主人公が金髪少女に虐げられたり、主人公が童女のスカートを楽しげにめくりあげたり・・・。
『家族で見てる奴 息してないんじゃないのか?』というニコ生コメントが思い出されますww(´‐ω‐`)

台詞回しやストーリー展開が独特な為、好き嫌いが極端に分かれるようですが
ハマる人はどっぷりハマる作品ですよ~(´∀`)

筆者が見たアニメの感想とか② ~アルドノア・ゼロ(2期)~

71iln7ij32l  sl1427

✽ジャンルは(ロボット/ファンタジー/群像劇)。

地球人と火星人(元・地球人)がそれぞれの思惑を胸に戦いを繰り広げるロボットアクションアニメ。
主人公は地球人・「界塚伊奈帆(かいづかいなほ)」と、火星人の「アセイラム姫(以下アセイラム表記)」、
そして地球人でありながらもアセイラムに忠誠を誓う「スレイン」の3人です。
第1クールで伊奈帆とアセイラムが生死不明ENDで終わったので、そこからどう切り返していくのかが注目されていました。

まぁ、義眼を携えた伊奈帆はサイボーグ化して復活したわけですが、
ピュアな心をズタズタにされたスレインは闇落ちしてラスボスに・・・。
そして昏睡状態のアセイラムになりすました妹姫の存在が地球と火星の関係を引っ掻き回し、
予測できない展開になって面白かったです。
が、激化した戦いの先に待っていたのはハッピーエンドともバッドエンドとも取れない微妙な結末でした。

ストーリーの評価はそれほど高くありませんがアクションシーンに定評があったので、
ロボットアニメ好きの方や大迫力の戦闘シーンが見たい方にはオススメです。

筆者が見たアニメの感想とか③ ~暗殺教室~

81wwhiybosl  sl1378

✽ジャンルは(少年/学園アニメ/風刺/ブラックコメディ/クライムサスペンス)。

落ちこぼれ中学生3年E組の前に月を破壊した超生物「殺せんせー」が担任としてやってきた。
政府は殺せんせーの要求を踏まえ、3年E組の生徒たちに超生物の暗殺を依頼する。
成功報酬は100億円。
生徒たちは意を決して暗殺を試みるが、その攻撃は殺せんせーには掠りもせず、
逆に”殺意”の手入れをされる羽目に。
「生徒と担任」、「暗殺者と標的」・・・。
奇妙な関係を保ったまま、3年E組の始業のベルは今日も鳴るのだった。
・・・というのが大まかなストーリー。

テーマが「暗殺」、目的が「担任の暗殺」という奇抜な設定が目を引きますが、
いざ見てみると笑顔で弾丸を避けまくる殺せんせーや、一人ひとり個性を持った生徒のキャラクターが面白くてクセになりますw
暗殺技術を身につけていく上で隠れていた才能がむき出しになってくる生徒たちの成長描写も格好いいですよ~(´∀`)。

「謎の超生物」が勉強することの意味や努力することの大切さ、失敗することの大切さを教えてくれるアニメなんて
暗殺教室くらいではないでしょうか?
学生時代に見ておきたい作品の一つです!

筆者が見たアニメの感想とか④ ~黒子のバスケ~

Kurobas3

✽ジャンル(少年/学園/青春/スポーツ)


帝光中学校バスケットボール部。部員数は100を超え、全中3連覇を誇る超強豪校。
その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ、無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた世代は、「キセキの世代」と呼ばれている。
が、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。
誰も知らない、試合記録も無い、にもかかわらず、天才5人が一目置いていた選手がもう1人、「幻の6人目」がいたと。

物語は創設2年目の誠凛高校バスケットボール部に「キセキの世代」の「幻の6人目(シックスマン)」黒子テツヤとアメリカ帰りの大型新人火神大我が入部する所から始まる。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

というのが「黒子のバスケ」のあらすじで、本作はその第3期。
ウィンターカップ出場を果たした誠凛は黒子以外の「キセキの世代」が属する強豪校を撃破し、
準決勝へとコマを進めていきます。

待ちに待った海堂高校(黄瀬)との試合は、これでもかと言うくらい清々しい内容でした。
「試合相手の性質って物語を良くする上でとても重要なんだな~・・・」としみじみ思います。
そしてラスボス戦とも言える洛山高校(赤司)戦の絶望感が凄まじかったですねww

そのあまりにも激しい必殺技や試合状況から「黒子のバスケはバスケとは言えない」と言われる反面、
普段はスポーツ系の作品を見ない方でも楽しんで見る事が出来ると思います。

さいごに

Img 0

今期、筆者が見逃した中でパッと見気になったのが「江戸川コナン失踪事件」ですかね~。
やっぱり他にはない独特の雰囲気を放っています・・・。
機会があったら見てみよう(`・ω・´)。

引き続き2015年アニメを振り返っていきたいと思いますので、宜しければそちらもご覧下さい。
尚、筆者がカバーできる作品のジャンルには限界があります。
ピックアップできる作品に偏りが生じる点はご了承ください。

(´・ω・`){今回スルーしちゃった名作アニメのファンの皆さん すみません。

RENOTE.JP

RENOTE.JP

RENOTE.JP