目次

  1. ① 「壁ツリー」
  2. ② 「毛糸のツリー」
  3. ③ 「松ぼっくりツリー」
  4. ④ 「フラワーツリー」
  5. ⑤ 「本ツリー」
  6. アイデア次第でお洒落なツリーを

① 「壁ツリー」

%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc5
%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc4
%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc13

ウォールデコとも呼ばれて、今人気上昇中のツリーです。一番の魅力は省スペースですね。壁さえあればどこにでも作れて、外すのも簡単。マスキングテープでシンプルに作ってもよし、色を決めて様々な物を貼り付けてもよし、ライトを這わせても素敵です。木の形で貼るだけでそれっぽく見えてしまうのは不思議なものですね。個性が光る作品が出来そうです。

② 「毛糸のツリー」

%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc12
%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc3
%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc3.5

たかが毛糸と侮るなかれ!枝でも紙でも、三角のものにグルグル巻き付けてしまえばこっちのものです。ちょいちょいっと飾りをプラスするだけで、ふんわりとしたツリーの完成です。軽いので吊ってもオーケーですね。毛糸の色次第でシックなものからポップなものまで自由自在です。ちょっとハマってしまうかも。

③ 「松ぼっくりツリー」

%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc7
%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc1
%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc1.5

小さいのに存在感バッチリの「松ぼっくりツリー」です。材料は100円ショップなどで入手出来るものばかり。マジックやスプレーでカラーリングしてから、ビーズやガラス玉を接着剤でくっつけていくだけです。ラメを振り掛けてキラキラにしてみたり、色々なカラーやデザインのものを作って、玄関や小窓などに置いたら可愛いですよね。海外でもお子様と一緒に手作りするのが人気のようです。

④ 「フラワーツリー」

%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc11
%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc11.9

ロマンチックなクリスマスナイトを狙っている方には超オススメです。クリスマスカラーの花を山形に活けるだけでも、もうムードはバッチリですね。でも生花でなくとも、造花でも可愛いアレンジになると思います。敢えて真っ白にしたり、金や銀で統一しても素敵です。鉢植えのクレストなどにリボンを付けたり巻いたりしても十分です。

⑤ 「本ツリー」

%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc8
%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc8.2
%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc8.5
%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%83%bc8.9

究極の面倒くさがりさん、お待たせしました。家に本はありますか?あったら、それを積み上げてください。一番上は本を立てても、テニスボールでも良いです。はい、完成!なんてお手軽なツリーでしょうか。しかも、背表紙の色や積み方を少し考えるだけでも更にお洒落になります。ライトを纏ったり、リボンを巻いたり、グラスキャンドルを乗せたりして楽しみましょう。ちょっと知的なイメージも付帯してお得かも。

アイデア次第でお洒落なツリーを

どれもあまり手間のかからない、お手軽なものです。今、家にあるものを見回して、ちょっと加工してみては如何でしょうか。以外に「おぉ~!」と嬉しい悲鳴が上がるツリーが作れるかもしれません。今年のクリスマスは、お金をかけずにアイデア勝負。家族や仲間で競ってみるのも楽しいですね。気軽にクリスマスナイトをエンジョイしましょう。