目次

  1. 舞台は庭先!ゾンビがアナタの脳を狙ってやってくる!
  2. 植物は49種類!どの植物を選ぶかが戦略のカギとなる!
  3. ゲームを攻略していくとミニゲームも遊べるようになる!
  4. まとめ

舞台は庭先!ゾンビがアナタの脳を狙ってやってくる!

%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%93%ef%bc%91

ゲームの舞台はアメリカンテイストなマイハウスの庭先。そこに次々とゾンビが侵入してきます。ゾンビの目的はただ1つ。アナタの脳を食べること!アナタは不思議な力を持った植物たちを庭に植えてゾンビ達を迎撃しなければいけないのです!

植物は49種類!どの植物を選ぶかが戦略のカギとなる!

%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%93%ef%bc%92

ゾンビを迎撃する為の植物には「太陽系」「弾丸系」「即死系」「補助系」「防御系」などの様々なものがあり、その数は全部で49種類。しかし、各ステージで使用できるのは9種類のみ。「太陽系」でエネルギーをチャージして「弾丸系」でゾンビを迎え撃つのが基本となりますが、ステージによっては配置しても意味が無いものや別の植物とセットで使わないと効果が無いものなどもあるのでゲーム開始時の植物選びが重要になります。

ゲームを攻略していくとミニゲームも遊べるようになる!

%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%93%ef%bc%93

ゲームを進めていくと基本的なスタイルとは別にちょっと変わったミニゲーム風のステージも登場します。植物の1つ「ナッツ」を使ってゾンビを倒すボーリングや、墓から次々と現れるゾンビをタップして倒すモグラ叩き(ゾンビ叩き?)など、どれもゲーム中のキャラを上手く再利用して別のゲームとして遊べるようになっています。全ステージ攻略後には体力が通常の2倍になったラスボスと戦えるミニゲームも選べるので、ゲームを遊びつくした後でも何度でも挑戦したくなります☆

まとめ

コミカルなデザインの植物とゾンビが庭先で戦いを繰り広げる「Plants vs. Zombies」!基本的には太陽のエネルギーを集めて植物を庭に配置するだけのシンプルなゲームなのですが、その面白さはGooglePlayだけで約190万ダウンロードという実績が物語っています。

筆者がこのゲームを初めてプレイしたのは妻のタブレット端末を借りた時ですが、簡単なのに飽きない面白さで夢中になったのを覚えています。さらに、還暦を迎えた筆者の母ですら「Plants vs. Zombies」にハマるという結果に!これはおじいちゃん、おばあちゃんの老化防止にも役に立ちそうです(笑)

既に続編も発売されている「Plants vs. Zombies」。有料版と無料版がそれぞれダウンロードできますが、まずは無料版で遊んでみて下さい。気がつくと夢中になってスマホをタップしていること間違いなしです!

PLAY.GOOGLE.COM