目次

  1. 第一話
  2. 第二話
  3. 第三話
  4. 第四話
  5. 第五話
  6. 第六話
  7. 第七話
  8. 第八話
  9. 第九話
  10. 第十話
  11. 第十一話

第一話

2060376 201510070404471001444211986c

乙女ゲーム的キャラデザとイケボなイケメン六つ子。はい、風刺ですね。誰がどう見たって風刺です。言うのが馬鹿馬鹿しいくらいです。

613512

からの「進撃のナントカ・・・」ゴールデン枠や朝枠ではまず無理であろう「チビ太的要素」、セーラー服を着て戦う変身少女、ジャンプキャラのコスプレ連発のデカパン。

第二話

ヤヴァイ所:ブラック工場・・・某賭博漫画を思わせるキャラクターといい、「目的が分からない生産ライン」でもくもくと「仕事」をこなす下りといい・・・怖いですね。病んでいく六つ子たちがヤヴァイです。

Cribn dusaapnei

アイドル、というか女性相手に「言っちゃいけないこと」言いますし。いや、ある意味弟を想ってのことなんでしょうが。それとも恋路(?)を邪魔するためなのか・・・。

第三話

ヤヴァイ所:「最低のクイズ」といい「デカパンマン」といい、冒険しすぎです。海外映画のパロディとか。

Crwrru6veaagzp8
Osomatsu 03 04

深い所:成人しているのにコスプレしてお菓子をもらいに行くさまが、「成熟していない現代人」を皮肉っているのでしょうか。で、割を食うのは(この話の中では)常識人で成熟した大人のイヤミ。「さっさと追い返そう」と昭和の香り漂うお菓子を押し付けて・・・。

第四話

Img 17 m

深い所:「扶養家族面接」・・・おそ松、一松の発言がかなりヤヴァイ。ことに「おそ松」。ニートな人々の心の叫びをものの見事に言っちゃってます。ニートでなくとも胸に来た人も多いのでは。「離婚したら自分たちが困るから反対してるんでしょう」というお母さんのセリフもまた・・・。

9e3175f1

ヤヴァイ所:トト子ちゃん、確かにかわいいですが男心を弄びすぎでは・・・。恋人のいない六つ子を別々に呼んだりするところに計算を感じます。

第五話

Csethy7xaaa5pbb

ヤヴァイ所:時には非情にならなくてはいけないこともあるってことでしょうか、Aパート。それにしたって兄弟、ひどすぎ。誘拐した張本人たるチビ太が逆に気を使うという本末転倒ぶり。火まで放ったというのに・・・。あと「異性と親密に付き合ったことがない男性」・・・さらっと言いますね、このアニメは。動物を金儲けの道具にしようとしたり。

O0800045013475268499

深い所:猫が大事にされている分、カラ松の扱いのひどさが強調されているという。