目次

  1. 『ロマンテックあげるよ』(『ドラゴンボール』)
  2. 『ゆめいっぱい』(『ちびまる子ちゃん』)
  3. 『走れ正直者』(『ちびまる子ちゃん』)
  4. 『動物園は大変だ』(『クレヨンしんちゃん』)
  5. 『夢のENDはいつも目覚まし!』(『クレヨンしんちゃん』)
  6. 『ダンシング・ジャンク』(『忍たま乱太郎』)
  7. 長寿アニメではないけれど
  8. 『ブルーウォーター』(『ふしぎの海のナディア』)
  9. 『風に遊ばれて』(『魔法陣グルグル』)

『ロマンテックあげるよ』(『ドラゴンボール』)

いわゆる「無印」時代、つまり『Z』でも『GT』でも『改』でも『超』でもなかった頃。悟空の子供時代からチチと結婚するまでの時期が、『ドラゴンボール』という題で放送されていました。そのエンディング曲がこちら。冒険活劇だ!とノリノリのオープニングとはえらい違いです。

ブルマがメインになってます。曲だけ聞くと『ドラゴンボール』の要素がないように思われがちですが・・・ところどころの歌詞がやっぱりそれっぽい、かなあ。アニメーションの内容は放送時期により、ところどころが変更されました。(階段のところとか)

『ゆめいっぱい』(『ちびまる子ちゃん』)

『ちびまる子ちゃん』の主題歌といえば?『踊るポンポコリン』。ですが、1990年から92年にかけ放送された第一期では、こちらの曲がオープニング。『踊るポンポコリン』はエンディング曲でした。

爽やか・・・。

何だかさわやかです。放送開始は1月なのに、何だか夏を感じるのは気のせいでしょうか。映画『大野君と杉山君』ではエンディングとしてフルバージョンが流れました。曲に合わせたようなハイライトシーンに胸熱です。

『走れ正直者』(『ちびまる子ちゃん』)

『踊るポンポコリン』に次ぐ第二期エンディングテーマ曲。元気の出る曲です。歌詞もさくら節全開です。まる子たちがタイアップ出演していたキャッチホンのCMで、アニメに先駆け放送されました。

『動物園は大変だ』(『クレヨンしんちゃん』)

若干今と顔が違います。

最初のオープニング曲です。何か後のモーニング娘やAKBを髣髴とさせる部分があるような、ないような。でも、動物名が出てきたりちょっとした女心を歌っていたりとかわいさ満点。

『夢のENDはいつも目覚まし!』(『クレヨンしんちゃん』)

オープニング第二弾です。アニメーションでの振り付けは誰が考えたんでしょうか・・・。世が世ならニコニコ動画などで「踊ってみ」る人もいるんでしょうね。

『ダンシング・ジャンク』(『忍たま乱太郎』)

最初のエンディング曲です。ほぼ英語の歌詞。戦国時代入りかけという時代に似合わず現代の利器やら単語やらが出てくる世界観なので、ピッタリといえばピッタリかも。

長寿アニメではないけれど

「何かいいな」と思ったものを。

『ブルーウォーター』(『ふしぎの海のナディア』)

冒頭の鳥は海と空をつなぐ者・・・?