目次

  1. M-1グランプリの仕組み
  2. 1.メイプル超合金
  3. 2.馬鹿よ貴方は
  4. 3.スーパーマラドーナ
  5. 4.和牛
  6. 5.ジャルジャル
  7. 6.銀シャリ

2010年を最後に中断(?)していたM-1グランプリですが、2015年復活しました!これまでの参加条件は「結成10年以内のコンビであること」となりましたが、今回は「結成15年以内のコンビ」と、結成期間が延長されました。そして漫才の審査員についても、過去のM-1グランプリ優勝者が務め、「復活」ではありますが新しい要素も多いM-1グランプリとなりました。

M-1グランプリの仕組み

エントリーしたすべてのコンビを対象に予選を行っていき、1回戦・2回戦・3回戦・準決勝、そして決勝の順に行われていきます。
決勝では、準決勝で勝ち抜いた8コンビに、敗者復活戦(準決勝で敗戦したコンビのうち、敗者復活戦にエントリーしたコンビ)を勝ち抜いたコンビの計9コンビで優勝の座を争います。
ネタ順はあらかじめ決められており、9組のうちから審査員の点数が高かった3組が最終ラウンドに進出できます。
最終ラウンドでは再度(おそらく別の)ネタを披露し、各審査員が3組のうち最も面白かった1組を投票します。投票の結果、最も面白かったコンビがM-1グランプリ優勝コンビとなります!

1.メイプル超合金

メイプル超合金
 安藤なつさん(左)、カズレーザーさん(右)によるコンビ。2012年に結成、決勝進出コンビのなかで最もコンビ歴が浅いコンビです。
安藤さんは本大会唯一の女性ファイナリストです。インパクトがすごいコンビですね、僕もM-1グランプリまでこのコンビのことは知りませんでした。

2.馬鹿よ貴方は

馬鹿よ貴方は
 新道竜巳さん(左)、平井‘‘ファラオ‘‘光さん(右)によるコンビ。結成2008年。
 昨年度のTHE MANZAI でも決勝に進出するなど、実力十分のコンビです。M-1のネタでもTHE MANZAIのネタでもそうですが、平井さんのキャラが濃くて面白いです!
 最後の「大丈夫だよ、大丈夫」はじわじわきました。

3.スーパーマラドーナ

スーパーマラドーナ
 田中一彦さん(左)、武智さん(右)によるコンビ。2003年結成。
 性格が正反対(と思われる)なコンビですが、ネタが本格的でした。個人的にはすごくおもしろかったです。実はこのコンビ、一度解散しているようで、最初のコンビ名は「マラドーナ」。再結成時と同時に「スーパーマラドーナ」に改名されたそうです。

4.和牛

和牛
 水田信二さん(左)、川西賢志郎さん(右)のコンビ。2006年結成。
 こちらもTHE MANZAI 2014の決勝に進出していました。花嫁が結婚式を抜け出すネタでしたが、個人的には、今まで考えたことがなかったけれど、言われてみると確かに水田さんの意見に少し共感できてしまいました。

5.ジャルジャル

ジャルジャル
 後藤淳平さん(左)と、福徳秀介さん(右)によるコンビ。2003年結成。
 めちゃイケなど、最近ではバラエティ番組にも多く出演されているので、出場コンビのなかでは最もよく見かけるコンビなのではないでしょうか。言葉遊びのネタですごく難しそうなネタだな、と筆者は感じましたが、そこはやはりプロなのだな、と感じました。

6.銀シャリ

銀シャリ
 鰻和弘さん(左)、橋本直さん(右)のコンビ。結成2005年。
 銀シャリもまたTHE MANZAIのファイナリストでした。橋本さんのツッコミが面白いですね、株式会社やさいとスティックやさいのくだりは特に面白かったです。
 確かに「料理のさ・し・す・せ・そ」の「そ」は他とはちょっと違いますよね(笑)。自分も出てこなくなるときがあります。あと、「し」で「しょうゆ」と言ってしまったり。

RENOTE.JP