目次

  1. 前回
  2. アギト グランドフォーム
  3. アギト フレイムフォーム
  4. アギト ストームフォーム
  5. アギト トリニティフォーム
  6. アギト バーニングフォーム
  7. アギト シャイニングフォーム
  8. ギルス
  9. エクシードギルス
  10. G3
  11. G3-X
  12. G3 MILD
  13. G4
  14. V1
  15. アナザーアギト

前回

RENOTE.JP

アギト グランドフォーム

主役の一番ポピュラーな姿です。
身体の色が金色の仮面ライダーアギト・グランドフォーム。
必殺技はグランドライダーキックで、その際上記のように角が展開し、力の解放を表します。
モチーフは竜・名前もアゴを意味する顎門(あぎと)なのですが、角がクウガに似ていたせいかクワガタモチーフ継続と勘違いすることも。

アギト フレイムフォーム

Img069

炎の力を使う形態・フレイムフォームです。
右腕が変化し、赤い鎧が装着されます。さらにフレイムセイバーという刀の武器を手にし、戦います。
クウガほど鮮明に描写はされませんが、超感覚能力を持ちます。
必殺技の際、グランドフォームの時のように角は展開しませんが、フレイムセイバーの鍔部分が展開します。

アギト ストームフォーム

Img 1 2014120300382372e

青いですが、水ではなく風の力のストームフォーム。
フレイムとは逆の左腕に青い鎧が纏います。
武器はストームハルバード。こちらも展開ギミックがありますが、角やフレイムセイバーの鍔のような、必殺技時ではなく攻撃の時にはすでに開いています。
逆に言えば常に開放状態で、この武器を使うと大抵一撃必殺で沈めています。

アギト トリニティフォーム

T02200293 0240032010846445716

記憶喪失だった主人公が一時的に記憶を取り戻した時の形態。
右腕がフレイム・左腕がストーム・身体がグランドといういわゆる全部のせフォームです。ライダーではこれが始祖ということになるでしょうか。
設定上でも強い力を持ちますが、メタ的な意味でも強力で、重い武器を両手に持たなくてはいけないので、アクターの方が二度とやりたくないと言ったとかなんとか。
さらに、一時的に記憶を取り戻しましたが、たった2話でまた失ったので、登場話数も2話。しかもどちらも悪天候でテレビ映りは悪いと微妙に不遇フォームでした。

アギト バーニングフォーム

Img 7

いわゆる中間フォームの形態。バーニングフォームです。
戦いの恐怖を乗り越えた結果手に入れた姿で、ベルトに装飾品が追加される他、見た目もゴツゴツしたものに変化。
炎の力が強化され、太陽のフレアのように体表から火が迸ります。
見た目通りパワーが強力になり、必殺技はバーニングライダーパンチ。
しかし、この姿はいわば蛹……まだ上が有ります。

アギト シャイニングフォーム

311792462.3

それがこのシャイニングフォーム。バーニングフォームが太陽の光を浴びることで剥がれるように変身します。
必殺技はシャイニングライダーキックや、手も持つシャイニングカリバーを使うシャイニングクラッシュ。

仮面ライダーアギトという物語のうえではこれが最強フォームですが、設定ではアギトは無限の進化をする存在なので、これ以上の進化も起こり得ます。
ある意味、最強のライダーに近い存在かもしれません。

ギルス

16478920

アギトの因子を不完全に備えた存在が、ギルスといいます。
ヒーローチックなアギトと比べると、かなり生身よりのライダーです。モチーフはカミキリムシです。
必殺技は各所の触手を使ったり、爪でかかと落としを決めるギルスヒールクロウです。

生身感を出すために塗っていたという塗料がかなりスーツを侵食しやすく、ギルスのスーツは現存していないというのが残念なほど、洗練されたデザインです。

エクシードギルス