目次

  1. WISH/嵐
  2. シンデレラクリスマス/KinKi Kids
  3. White X'mas/KAT-TUN
  4. ding-dong/TOKIO

WISH/嵐

Cd arashi  e5 b5 90 wish 15th single re 2005  e3 82 b7 e3 83 b3 e3 82 b0 e3 83 ab wish  e9 80 9a e5 b8 b8 e7 9b a4

2005年発売の嵐の15枚目のシングル。
松本潤出演TBS系ドラマ「花より男子」主題歌に用いられたことで有名な曲です。

ポップであたたかいラブソングは冬の寒さを吹き飛ばしてくれそうです。
きらびやかなイメージで、これぞアイドルソングと言える1曲です。
一途な男性の想いをかわいらしいくて冬らしいアレンジのメロディに乗せて歌っています。
歌いやすくて覚えやすい歌なので、ついつい口ずさんでしまう曲だと思います。

シンデレラクリスマス/KinKi Kids

1998年発売の5枚目のシングル

歌詞は童話シンデレラのストーリーを恋人同士に置き換えた内容のクリスマスラブソング。

軽快で明るくスピード感がある心地よさのあるメロディにクリスマスのワクワクドキドキ感が音で表わされていてしあわせな気持ちになれる一曲です。
また、初々しさの残るKinKiKidsの歌声はさらにこの曲にさわやかさをプラスしてくれています。

曲のバックに鈴の音が流れていて、クリスマス気分をいっそう演出するまさに王道アイドルクリスマスソングです。


White X'mas/KAT-TUN

2008年発売KAT-TUNの8枚目のシングル。
この曲は作曲を担当したNAOのオリジナル曲「ここで待とう」が原曲となっています。

本格派ラブ・バラードのこの曲は洗練されてきれいな曲で、ハモリも多用されていてきれいです。
雪を感じさせる切ないバラードで、クリスマスシーズンをさらにドラマティックにする、悲しさ、切なさ、儚さを歌い上げています。
しかし、そんな悲しみの中にも明日、未来に向けての希望に満ちたドラマティックな楽曲です。

アイドルの中でも歌唱力が高いこのグループだからこそ織りなせるハーモニーはクリスマスの定番曲としておすすめです。

ding-dong/TOKIO

2002年発売のTOKIOの27作目のシングル。
長瀬智也の主演ドラマ「やんパパ」の主題歌でした。
PVはメンバーの松岡さんが企画、キャスティングおよび監督を担当しています。

曲名の「ding-dong」とは、で鐘が鳴る音をあらわした英語のようです。
「ding-dong」と何度も出てくる歌詞がクリスマスの雰囲気を出しています。
イントロではメンバー5人によるアカペラが取り入れられていたり、バンド以外にもストリングスやブラスなどの音も取り入れてあって、非常にポップな曲になっています。