目次

  1. うんこしりとり
  2. しろくまのパンツ
  3. パンダ銭湯
  4. ほげちゃん
  5. こんもりくん
  6. 大阪うまいもんのうた
  7. 365まいにちペンギン
  8. しゃっくりがいこつ

うんこしりとり

51ykbip9h7l

こいぬのうんこ→こどものうんこ→こうちょうのうんこ…エンドレスにつづく、うんこしりとり。さあ、みんなでやってみよう!

著者:ツペラ ツペラ
出版社:白泉社

タイトルも表紙もインパクト大!!!こども大好き「うんこ」です!

この本読んだら、子どもたちがキャーキャー言いながら盛り上がりました。
お話の続きも作ってましたよ。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

全てのページにううんこが描かれていて、例えば「こめつぶのうんこ」など、「こ」で始まり「こ」で終わる言葉が並んでいる。
うんこに興味を持つ年頃になったら、読んであげたら一緒に笑える絵本である。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

しろくまのパンツ

91wkmnuvb2l

「どこにいったんだろう?」 パンツをなくしてこまっているしろくまさん。そこへ、心配したねずみさんがやってきて、いっしょにパンツをさがしにいくことに。しましまのパンツ、かわいい花がらのパンツ、へんてこりんな水たまのパンツ......物語のラストには、あっとおどろく発見が!

著者:ツペラ ツペラ
出版社:ブロンズ新社

奇しくも「うんこしりとり」と同じ著者!遊び心満載のこの絵本も、子供たちの興味をそそること間違いなし!だって、まずはこの赤いパンツを脱がさないと本が読めないんですから。

ごく単純なしかけ絵本と思っていたら最後に確りオチがあって面白かった。
子ども達も笑っていた。
こうした絵本はお気に入りの絵本になりやすいと思う。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

本を手にとってびっくり。 帯がパンツになってるなんて(赤いパンツ)!!! 
しかも失くしたり破れてしまいがちなパンツ・・・でも紛失したときも帯だけ購入できるとは!!!

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

読み始める前に、表紙のしろくまくんが履いている赤いパンツを脱がせてから読む!という
発想で、もうつかみはOKです(笑)
大人も子供も夢中になって、白くまくんのパンツを探さずにはいられません!
絵もきれいで優しい、すてきな1冊です。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

パンダ銭湯

71lrq98 2bh l

パンダの秘密が暴かれるそうです!

著者:ツペラ ツペラ
出版社:絵本館

けしてツペラツペラさんの回し者ではありません。笑える絵本探していたらツペラツペラさんが続いてしまったという(ゴニョゴニョ

なんか見ちゃいけないものを見たような…

パンダ好きな方は覚悟して読んでみて下さい。
こういうのむっちゃ好き!

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

大人も子どももこのシュールなパンダの秘密に思わずニンマリです。何度見ても笑ってしまいます。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

ほげちゃん

71hsmllg 2bhl

「あれれ、へんなかお」「そうねえ。カバかしら?」「ほら、ゆう。おともだちだぞ。なまえは…そうだなあ、ほげちゃんっていうのはどうだい?」こうしてかぞくのいちいんになった、ぬいぐるみのほげちゃん。けれどもあるひ、おいてけぼりにされてしまい―?まっすぐすなおでときどきわるいこ、ほげちゃんはみんなのおともだち!

著者:やぎたみこ
出版社:偕成者

発売当初は書店の児童書担当者さんたちがこぞってマスコット人形をつくっていたりしていましたが、まさかの公式マスコット人形(ぬいぐるみ)が!!

たしかにヌイグルミって大変だよね。特に幼い子どもの相手をする
ことになった日には。いろんなとこに引っぱりまわされ、噛み付かれるは、
汚れた手で触られるは、おまけにペットの尻にしかれたりで。

そんなヌイグルミのほげちゃんなんですが、当人はどう思っているのか?
家族が出かけて留守になったとき、なんと彼の本音が暴走しはじめる。
ああああ、やっぱり、辛かったんだ!耐えていたんだ!ここぞとばかりに
暴れまくるほげちゃんが痛快です。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

姪っ子にこんなぬいぐるみを贈るおじさん、真顔で「ほげちゃん」なんて名前をつけるお父さん。ある意味ハイセンス。似たもの兄弟なんだろうな。
小さな子のおもちゃって、お気に入りであればあるほど過酷な使命をおびてますよね。扱いは乱暴だし、すぐに汚すし。トイストーリー3で「いもむし組」に割り振られるのを心底恐れるおもちゃ達のことを思い出しました。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

「ほげちゃん」と名づけたお父さんのセンスも受ける。
もちろん、ひどい目にあわせている気持ちはないものの、ここでのほげちゃんの扱われ方は、
どの家でもみられる光景だと思う。
家族とまでは言えなくても、きっちり家庭にとけこんでいるからこその扱いなんだろうけど。
だから、この絵本を読んだ後、ぬいぐるみに「ごめんね」という人も多いんじゃないかなあ。
それでまた、同じような扱いを…。
どこかでささやかな復讐をされてるのかも。でも、そっと見てみたい気もする。
お話もそうだけど、出てくる日用品などもよーく見てみると、何気にユーモアが仕掛けられていて、
そこでも笑ってしまう。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

こんもりくん

517skdiqzgl

こんもりくんは、おふろが嫌い。髪を切るのも大嫌いだったので、気がついたら…。

著者:山西ゲンイチ
出版社:偕成社

表紙いっぱいにひろがったこんもりくんの髪の毛。一度見たら忘れられません。

こんもりくんのこんもりした髪の毛の中で広がる楽しい世界が愉快で、とても楽しく読むことができました。読み聞かせで子供達からたくさん笑いが起こって、こちらも楽しい気持ちになりました。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

表紙の斬新なビジュアルも最高ですが、お話は、もっとパンチが効いていて、子どもが好きなこと盛りだくさん。
うちの息子のお気に入りの絵本です。

出典: WWW.AMAZON.CO.JP

大阪うまいもんのうた

A1yik1yipbl

「大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~ 
たこやき ぎょうざ お好み焼き ぶたまんっ!」
『ゆかいな牧場』のメロディーに乗せて歌い、手遊びもできるこの歌、大阪では話題のご当地ソングです。人気絵本作家、長谷川義史さんが、大阪への愛をたっぷりこめて描いた、とにかく「おもろい」絵本です。

著者:長谷川義史
出版社:佼成出版社

大阪以外にも「東北」「名古屋」バージョンもあります。ご当地のみなさん、子供といっしょに歌って踊ってみませんか!