目次

  1. ところで『ハイキュー!!』とは?
  2. 一部ライバル校の人物名は温泉地と関連があるらしいので調べてみた!
  3. ■伊達工業高校=宮城県の温泉地■
  4. ■青葉城西=岩手県の温泉地■
  5. ■白鳥沢学園高校=山形県の温泉地■
  6. ■他校の温泉地に関係ある名前■
  7. まとめ

ところで『ハイキュー!!』とは?

『ハイキュー!!』2015年12月現在19巻まで刊行。発行:集英社、作者:古舘春一。
※語尾の「!」は半角2個。

【追記】画像追加及びあらすじを追加しました。
【追記2/5】『ハイキュー!!』小ネタなどまとめUPしました。

RENOTE.JP

Hai nama 000

宮城県立烏野高校排球(ハイキュー=バレー)部のエースであった「小さな巨人」に憧れ、バレーボールを始めた小柄な少年・日向翔陽は、類稀なる運動神経とバネを持っていたが、中学のバレー部には自分以外の部員がいなかった。中学3年、やっとのことでメンバーを集めて出場した最初で最後の公式戦で、日向は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄に惨敗してしまう。影山にリベンジをするべく、憧れの烏野高校排球部に入部した日向。しかし烏野の体育館には、その影山の姿があった。初めは反発し合っていた二人だが、それぞれの持ち味を生かしたトスを見ないクイック攻撃、通称・変人速攻を編み出し、独りでは見ることのできない「頂の景色」を見るため、個性豊かな烏野高校の仲間たちと共に全国大会を目指していく。
(引用:wikipedia)

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

一部ライバル校の人物名は温泉地と関連があるらしいので調べてみた!

※これらはSNSからの拾い集めです。確認は致しましたが、真偽の程は不明です。この件に関して、原作者さまからの明確なアナウンスはされておりませんので、公式でないことを先に記しておきます。

■伊達工業高校=宮城県の温泉地■

Hai nama 02

▲先ずは「伊達の鉄壁」こと伊達工の簡単な紹介を!

Hai nama 11

▲それでは上記「伊達工」メンバーの名前を、下の地図に書かれた「温泉地名」と照らし合わせてみます。

Hai nama 08

▲みごと宮城に「伊達の鉄壁」こと「温泉の鉄壁」が形成されていました(笑)。

勿論ネット上においても、この事に気付かれた方は多数いらっしゃいます。※↓以下参考。

▲因みに2014年の春、「二口温泉」は営業終了されたそうです。

■青葉城西=岩手県の温泉地■

Hai nama 03

▲次は烏野とは因縁深い青城のご紹介を。

Hai nama 12

▲先程と同じように下の地図と照らし合わせてみます。

Hai nama 08 1

▲主要メンバーである「及川」と「京谷」は見付かりませんでした。

7285787bf1bac2169256888ab48e6b93104a4f9d.51.2.9.2

▲『侍の湯 おもてなしの宿おぼない』―金田一温泉
こちらでは『侍の湯 おもてなしの宿おぼない』での「ハイキュー部屋」のご紹介をされていました。
色紙は作者である古舘先生から贈られたものだそうです。

Hai nama 09

▲『アニメモリー』
【ハイキュー!!】青城メンバーは名前が岩手県の温泉地!及川だけ旅館www

▲温泉地では見当たらなかった「及川」ですが、どうやら「旅館」にてその名を見付けられたようです(笑)。

■白鳥沢学園高校=山形県の温泉地■

Hai nama 01

▲絶対王者こと「白鳥沢」。

Hai nama 13

▲こちらも下の地図と照らし合わせます。

Hai nama 08 2

▲「牛島」は見付かりませんでした。