目次

  1. 2015年で1番歌われた曲は!?
  2. 第10位 小さな恋のうた (MONGOL800)
  3. 第9位 千本桜(WhiteFlame feat.初音ミク)
  4. 第8位 残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)
  5. 第7位 Darling(西野カナ)
  6. 第6位 ハナミズキ(一青窈)
  7. 第5位 Let It Go ~ありのままで~(松たか子)
  8. 第4位 R.Y.U.S.E.I(三代目J Soul Brothers)
  9. 第3位 糸(中島みゆき)
  10. 第2位 Dragon Night(SEKAI NO OWARI)
  11. 第1位 ひまわりの約束(秦基博)
  12. まとめ

2015年で1番歌われた曲は!?

では早速紹介していきましょう。

第10位からの発表となります。

第10位 小さな恋のうた (MONGOL800)

第10位は、MONGOL800の小さな恋のうたでした。

なんとこの歌は2001年にリリースされた曲なんですよね。

2007年にドラマ「プロポーズ大作戦」の挿入歌として起用され、人気が爆発しました。

10年以上たった今でも幅広い世代から愛されている曲です。

第9位 千本桜(WhiteFlame feat.初音ミク)

第9位には、WhiteFlame feat.初音ミクで千本桜がランクインしました。

ボーカロイド初音ミクの代表曲とも言える曲ですね。

10代~20代の女性から絶大な人気を誇っています。

第8位 残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)

第8位には、高橋洋子さんの残酷な天使のテーゼがランクインしました。

残酷な天使のテーゼといえば、テレビアニメ、新世紀エヴァンゲリオンのオープニングソングとして有名ですね。

この曲は世界中で知られており、外国人の人気も高い曲です。

第7位 Darling(西野カナ)

第7位には、西野カナさんのDarlingがランクインしました。

西野カナさんといえば、若い女性からすごい人気を誇っています。

なんと西野カナさんは、2015年、カラオケで最も歌われたアーティスト第1位なんですね。

Darling以外にもトリセツやもしも運命の人がいるのならなど、カラオケでよく歌われた曲をリリースしています。

第6位 ハナミズキ(一青窈)

第6位は、一青窈さんでハナミズキがランクインしました。

映画「ハナミズキ」の主題歌で、感動的な歌詞が人気の曲です。

多くの歌手からカバーされており、日本人なら誰もが1度は聞いたことがある曲です。

第5位 Let It Go ~ありのままで~(松たか子)

第4位は、松たか子さんでLet It Go~ありのままで~がランクインしました。

2013年のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本語版劇中歌を松たか子さんが、エンディングソングをMay Jさんが担当しました。

2014年の新語、流行語大賞では「Let It Go」「ありのままで」「レリゴー」の3つがトップ10入りを果たしました。

社会現象となった曲です。

第4位 R.Y.U.S.E.I(三代目J Soul Brothers)

第4位には三代目J Soul BrothersのR.Y.U.S.E.がランクインしました。

R.Y.U.S.E.Iは、メンバーのELLYが振り付けを担当しました。

ダンス中の「ランニングマン」と言われるダンスが10代に人気で、一時社会現象となりました。

このダンスは三代目J Soul Brothersの代名詞となっています。

第3位 糸(中島みゆき)