目次

  1. 遂にチビ太が暴走した!Aパート
  2. 兄弟一の暴走キャラが恋をしたが・・・?Bパート

遂にチビ太が暴走した!Aパート

O0600033813447404749

まあ、第一話ですでに暴走してましたが。

4681cc9c1b9a40628a4da7cb881cdb9b

表情が大人です。

「番組の良心」「六つ子よりか成長してる」などと言われていたチビ太が、遂に暴走しました。

006ht3ztjw1eyfv43m20bj30a805rwew

カラ松の「やりたいこと」を聞いている内に・・・。

「何でもいいから興味あるモノ見つけて仕事してみろ」相変わらずいいこと言います。で、中二病全開のカラ松の「やりたいこと」を書き留めている内・・・。「何だそうだったのか・・・お前の夢はおでん屋だったのか!」ええと・・・。まるっきりおでんと関係ない内容だった気が・・・「自分を高める」「世界平和」・・・うん、おでんと関係ない。

49007961

・・・と思うのは素人の浅はかさなのかもしれません。チビ太は少年時代からおでん片手に登場していました。彼からしてみればおでんこそがすべて、なんでしょう。そして、中二病カラ松でさえドン引きするほどの「修行」として、自身の得た「技」を伝授するのです。最終的には全裸でおでんの中に飛び込んで・・・おでん愛しすぎです。暴走しすぎです。考えようによっては「幼馴染でも、知らないうちに何かを極め、常人では理解できない域に達していた」ということなんでしょうか。2話目でも、おそ松が弟たちの「知らなかった一面」を見る場面がありました。よく知った人でも、分からないものは分からないんです。でも全裸でおでんの中に飛び込むのはやりすぎですぞ、チビ太・・・。

20151201074100

でも名言もあったんですよ?いや、迷言か?

兄弟一の暴走キャラが恋をしたが・・・?Bパート

Cvd o1rukaaylxp

ハイテンションで一番非常識。そう思われていた十四松が常識人になった!1日の言動の比較(朝食、話し方、戦闘で泳ぐ子供を注意するなど)でそれを表し、どうやら恋人ができたらしい旨を知る他の兄弟。「どーせこの子男の子でしたってオチでしょ」と思ったら・・・。

20151201092739

ギャグで締めると思ったら・・・。

おそ松は行きつけのレンタルDVDショップで「自分の彼女」を物色する中、あるものを見つけます。そして、他兄弟から締め上げられていた十四松に「俺より先に~!!」などときつく「お仕置き」。馴れ初めや告白する旨を聞き出して・・・「トッティ」の時とは違い、兄弟全員で応援し、見守るのですが結局轟沈。その日のうちに実家に帰るという彼女を追いかけるよう、さりげなく言うおそ松のセリフ、何だかんだで長男なんですね。

Images

この泣き顔と、彼女を見送る時の「キャラ」の違い。

ネットの感想を見ていていろいろ気づかされました。彼女がなぜ、死のうとしていたのか、そして最後のリストバンドの意味。「14」が「十四松」だっていうのは分かったんですけど、「君は一人じゃない、再会を願ってる」という意味合いが込められてたんですね。敢えて明るく見送る十四松、冒頭と同じようなことしているのに印象が違って見えます。電車を追い掛けるベタなほど定番の演出も、彼独自のやり方で、いつも彼女を笑わせていたやり方で。

F9baf94a637c3d434262e07e6114b87b 724x406

AパートBパートともども、「さりげなく描く」という手法が使われていたように思います。チビ太があそこまで暴走するほどおでんを極めた経緯をギャグで、そして十四松と彼女との間にあったさまざまなこと、彼女の人生、これからを、重く、だけどどこか暖かく。そして、おそ松の弟想いぶり(十四松を締め上げたのは、弟たちがの怒り等を鎮めるため)。普段ギャグアニメとして「バカやってる」からこそ光る感動。巨匠の作品にあぐらをかくのではなく、いかにそれを理解し、現代の作品として昇華するかを考えさせられました。