目次

  1. BREAKERZについて
  2. M1 BAMBINO~バンビーノ~
  3. M2 WE GO
  4. M3 激情
  5. M4 月夜の悪戯の魔法
  6. M5 光
  7. まとめ

BREAKERZについて

Breakerz

BREAKERZ写真左から
Gt AKIHIDE
Vo DAIGO
Gt SHINPEI

2006年にDAIGOが知人の紹介でSHINPEIと出会い、DAIGOがソロ活動していた時のサポートギターを担当していたAKIHIDEを誘い、結成します。

翌年アルバム「BREAKERZ」でデビューします。
デビュー後4枚のアルバムと14枚シングルをリリースするなど精力的にライブ活動やリリース活動を行いますが、2013年にメンバー各自のソロ活動期間に入ります。

一年後、ソロ報告会にてメンバーが久々に集結し、同年のカウントダウンライブから活動再開。
活動開始から気分が上がるパーティチューンやヘヴィなロックナンバーなど様々な楽曲をリスナーに届けています。

今年はDAIGOが24時間マラソンに挑戦するなど多くに名前が知られた年でもありました。
ここからBREAKERZの人気曲を5曲紹介します。

M1 BAMBINO~バンビーノ~

2009年リリースの5thシングルでEverlasting LuvとのダブルAサイドシングルで発売されました。
ホーンセクションがなんとも気持ちいい気分が上がるパーティチューンですね。

M2 WE GO

今年リリースの最新シングルの表題曲です。
メンバーとの再会、そこからの歩みを導いてるような楽曲ですね。
歌詞には激情、アオノミライなど過去の曲のタイトルを盛り込んでいるのでファンには感慨深い曲になったのではないでしょうか。

M3 激情

2010年リリースの8thシングルでhEaVeNとのダブルAサイドシングルで発売されました。
相手への止まらない激情心を歌ったヘヴィなロックチューンです。

M4 月夜の悪戯の魔法

2011年リリースの10thシングルでCLIMBER×CLIMBERとのダブルAサイドシングルで発売されました。
サウンドにも三味線を取り入れ、歌詞も日本の心を歌った和風感あふれるナンバーですね。

M5 光

2009年リリースの6thシングルの表題曲です。
ここまでBREAKERZを支えてくれたファンへの感謝の気持ちを歌った壮大なミディアムバラードですね。

まとめ

いかがでしたか?
BREAKERZはアコースティックアルバムの発売やソロでの活動など様々なことを行っています。
DAIGOはバラエティ番組でのレギュラーを持ちつつクオリティの高い楽曲を世に出し続けているので今後の活動が楽しみですね。