目次

  1. 『週刊少年ジャンプ』
  2. 『サバイビー』
  3. スズメバチとの死闘
  4. ブル隊長
  5. アニメになった際見たいポイント
  6. 『仏ゾーン』
  7. ジゾウ君
  8. アシュラ君
  9. アニメになった際見たいポイント
  10. 『月刊少年ガンガン』
  11. 『ラッキーゴッド・ビリケン』
  12. アニメ化した際見たいポイント
  13. とはいえ・・・

『週刊少年ジャンプ』

まずは、アンケート至上主義だの、作者の思うように終われないだの言われている『週刊少年ジャンプ』から。

『サバイビー』

924 1

あらすじ:卵の時に家族を失ったミツバチのバズーは、同じく身内のいない虫たちと平和に暮らしていた。が、ある日餌探しに行った際傷を負ったミツバチの兵士から「オーダイ」を預かることに。ここから、バズーとスズメバチとの戦いが始まる。旅のさなかオケラのライバー、ゲンゴロウ(ではなくガムシ)のデブリンといった仲間と出会う。やがて、ミツバチたちの生き残り「サバイビー」がスズメバチから隠れるように暮らしているという情報が・・・。

20141122123723

ミツバチ特有の価値観。擬人化されていようと、そこに人間の倫理観が入り込む余地はありません。

『マキバオー』のつの丸先生の昆虫漫画です。予告のイラストを見たときは「うわあ」と思いましたが、実際読んだら違う意味で「うわあ」となりました・・・一話目で仲間全滅。そして容赦のない展開が続きます。

Ccbf7573

仲間のために自分を犠牲に。創作物ではよくある展開ですが・・・?

メルヘンなんかじゃない、泥臭さも構わず前に進もうとする姿に胸が熱くなります。弱い虫が、強い虫や鳥などの脅威に晒されながら、何とか生き抜こうと足掻いているのです。命の大切さ、とかそんなんじゃありません。命自体が熱いんです。絵柄と鬱展開のせいで損した漫画の一つ・・・でも、萌え絵で再現されても困りますけど。今の時代、このくらい泥臭く、そして胸打つ漫画はそうそうないのではないでしょうか。

スズメバチとの死闘

20080602074921

全滅した巣も・・・。

『みつばちマーヤ』『みなしごハッチ』でも悪役扱いされてきたスズメバチ・・・今作でも同じく悪役ですが・・・。

Ab7ec79c

スズメバチがリアルで、しゃべらない。容赦ない。とにかく怖い。

作中のスズメバチはリアルな虫として描かれており、機械もしくは怪物のようです。飛んでるだけでこの絶望感と恐怖感・・・。しかし、だからこそ囮となったミツバチ兵士の覚悟、ミツバチという虫たちの持つ団結力が際立つのです。

47f72798

ブル隊長

3591

このいかにも「つの丸顔」のブル隊長がかなり頼れるハチなのです。スズメバチとの戦いの中至極冷静に若手兵士たちを落ち着かせつつ、戦う・・・こんな上司ほしいです。結構熱いですし。「女王候補」の存在が明らかになった時の演説は見どころの一つです。

アニメになった際見たいポイント

やはり戦闘シーンでしょう。そして、スズメバチの大群の「怖さ」。子供にトラウマ植えつけることになろうが、いいんです。豆腐メンタルになるよりは。小さな命が、それでもその命を懸け闘っているさまが伝われば・・・。バズーらが最初に出会ったサバイビー部隊の、「巣を襲われる前」の会話も再現してほしいですね。仕事がきついと愚痴ったり、冗談言ったり・・・戻ったら仲間が全滅していたっていう。この「落差」を映像で、どう表現するか。萌え絵にしたり、やたらスズメバチに喋らせる、とかはしないでほしいです。

『仏ゾーン』

Img 0

「大人の事情」で打ち切りに・・・。

あらすじ:寺で住職の祖父(血の繋がりはない)と暮らす12歳の少女のサチ。寺は大分前から暴力団により地上げにあっていた。そんな中、本殿に祀られていた「千手観音像」から一人の少年が飛び出した。彼は仏界なる世界で「すべての衆生を救う」千手観音本人(?)。「人間界で行動するための媒体」として仏像に憑依した千手観音ことセンジュの役目は、釈迦に次ぐ「救世主」たる「弥勒」をインドへ連れて行くまでの護衛。そして、サチこそが「弥勒」となるべき人物でした。

20140411052732aba