目次

  1. ギレルモ・デル・トロ監督の3年ぶりの新作
  2. 注目の俳優陣が演じる陰のあるキャラクター
  3. 謎多きストーリー
  4. 究極に美しい映像
  5. 極上のゴシック・ホラーに恐怖しよう

ギレルモ・デル・トロ監督の3年ぶりの新作

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%82%be%e3%83%b33

「パシフィック・リム」や「パンズ・ラビリンス」などで知名度が上がったギレルモ・デル・トロが監督するこの作品、監督自身が「個人的に最も美しい映画」と評するほどの出来のようです。
また、ホラー作家のスティーブン・キングからも「ゴージャス、そしてクソ恐ろしいっ!」との批評を頂いていることからも、ホラーファンの期待を裏切らない作品のようですね。

注目の俳優陣が演じる陰のあるキャラクター

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%82%be%e3%83%b31

主人公イーディス役に「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ、相手のトーマス役に「アベンジャーズ」のロキを演じたトム・ヒドルストン、トーマスの姉役に「インターステラー」のジェシカ・チャステイン。
今注目の俳優達が、美しくも謎に満ちた魅力的なキャラクターを演じています。

謎多きストーリー

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%82%be%e3%83%b32

主人公のイーディスは10歳の時に母親の幽霊を見て以来幽霊が見える少女。父親の謎の死をきっかけにトーマスと恋に落ち、結婚します。春になると赤い粘土土壌の為に雪が赤く染まる山の頂上にある屋敷で、彼の姉ルシールと暮らし始めますが、心霊現象が次々と起こります。疑問を抱くイーディスに対し、二人は何かを隠しているような言動をとります。深紅の亡霊が囁く警告「クリムゾン・ピークには気をつけろ」とはどういう意味なのか。19世紀を舞台とする豪華絢爛たる屋敷で起こる恐ろしい心霊現象。その秘密とは…

究極に美しい映像

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%82%be%e3%83%b34
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%82%be%e3%83%b36
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%82%be%e3%83%b35

さすがに監督が自画自賛するだけあって、とにかく美しい映像です。豪華絢爛という言葉がピッタリの屋敷内装、ゴージャスな衣装。この時代のファンの方はウットリすることでしょう。灯りの入れ方も効果的で重厚感が漂います。

極上のゴシック・ホラーに恐怖しよう

この予告だけ観ても、ホラーファンやミステリーファンならずとも気になる作品ですね。ただし結末を知る為には、めくるめく映像美に酔いしれながらも、たっぷりの恐怖も味わう必要があるようです。さあ、アナタは味わってみますか?

CRIMSONPEAK.JP