目次

  1. 【GTA3】クロード・スピード
  2. 【GTAVC】トミー・ベルセッティ
  3. 【GTASA】カール・ジョンソン(CJ)
  4. 【GTA:LCS】トニー・シプリアーニ
  5. 【GTA:VCS】ヴィクター・ヴァンス
  6. 【GTA:CW】ホァン・リー

【GTA3】クロード・スピード

Mig

非常に無口で高所から落ちた時とやられた時以外は声を発さない。

コロンビア・カルテルの幹部として強盗を行い、逃げる最中に仲間のカタリーナに裏切られ逮捕される。その後、カルテルの襲撃に乗じて同じく逮捕されていたエイトボールと共に脱走し、レオーネ・ファミリーの使いっ走りをしながら行動する事になる。

出典: DIC.NICOVIDEO.JP

Img4035 29

後にグランド・セフト・オート サンアンドレアス(GTASA)でも登場。
『3』よりも過去の話であり、カタリーナとの出会いが描かれました。元々はCJのビジネスパートナーだったカタリーナといつの間にか恋仲になり 、レースで負けた後は彼女と共にリバティーシティーへと去っていきます。

【GTAVC】トミー・ベルセッティ

Mig

リバティーシティで一大勢力を誇るマフィア「フォレッリファミリー」の一員。35歳。とあるシノギ(通称「ハーウッド事件」)でボスのソニー・フォレッリが警察にタレこんだために逮捕され、15年もの間に刑務所に服役していた。出所後はヴァンスファミリーとの大口の麻薬取引のために仲間であるハリーやリーと共にバイスシティに派遣されたが、取引を麻薬王リカルド・ディアスに襲撃され、薬も金も奪われた上に仲間二人を殺されてしまう。その後は数々の困難を乗り越えてディアスやソニーを倒し、バイスシティのどん底から頂点へ這い上がる。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

Melee2s

【GTASA】カール・ジョンソン(CJ)

Gta sa coloring style by myotismon

愛称CJ。本作の主人公。性格としては目的の為ならば人殺しや襲撃を行うなどの冷酷な一面もある一方で仲間を大切にして信頼している情に厚い一面もある

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

Regular

ギャンググループ「グローブストリート・ファミリーズ(グローブ)」に所属していたが、弟の死をきっかけにロスサントスから離れ、5年間リバティーシティで犯罪で生計を立てていた。
ロスサントスに戻ってからは弱体化してしまったグローブを立て直す為に奮闘する。

シリーズ初の泳げる主人公で、水に落ちても死なない。

【GTA:LCS】トニー・シプリアーニ

Mig

レオーネ・ファミリーの一員で、イタリア系アメリカ人。極度のマザコンであるが故に母親の言うことは何でも聞く。また、ファミリーの為ならどんな犯罪でも厭わないため、警察に囚われたサルバトーレに面会するために「ライオネル」という名前で弁護士を演じたこともあるが、それさえ除けばマリアの個人的な万引きやウェインのDVを快く思わないなど一般的な良識はある。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

1203acsrttcmreq313bss1

『III』でも登場しており、トライアドと抗争するレオーネファミリーの幹部にトニーがいる。

【GTA:VCS】ヴィクター・ヴァンス

20070928 gta 01

『VC』に登場したランス・ヴァンスの兄。28歳[1]。生き延びるために犯罪を犯すことには吝かではないが、幼い頃から母親が薬物依存症であったことから麻薬やコカインの類、またそれらを使用する人間に対しては嫌悪感情を隠さず、自分が麻薬ビジネスに手を染める事を最後まで嫌がっていた。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

Victorvance gtavcs

もともと陸軍に在籍していたが、不祥事が元で除隊処分になる。その後は弟ランスと共にたった二人だけのマフィア「ヴァンスファミリー」としてバイスシティを駆け回る。