目次

  1. M-1グランプリって?
  2. 歴代優勝者は豪華メンバー!
  3. 優勝せずとも、ブレイクを果たしたコンビも!
  4. 2015年の優勝者は!?ブレイクするのは誰?

M-1グランプリは、2001年からスタートしました。そこから1年に1回、年末に開催されていました。
M-1グランプリの優勝者や、そこで活躍したコンビは翌年にブレイクし、テレビ番組等に引っ張りだこの状態でしたね。
そんな、M-1グランプリですが2010年を境に終了してしまいました。ですが!、今年(2015年)に復活することになりました!!
地上波で生放送されるのは、決勝ラウンドのみのようですが、現在(2015年11月上旬現在)も決勝ラウンドの椅子をかけて、
熱い戦いが繰り広げられているようです。
ここでは、今年の決勝ラウンドを楽しみに待ちつつ、これまでに優勝したコンビを振り返ってみます。

M-1グランプリって?

 M-1グランプリは、「漫才の頂点を決める」という理念からつくられた漫才コンクールになります。
 参加資格は、「結成10年以内のコンビ・グループ(2名以上)であること」のみ。つまり、お笑いのプロ・アマを問わず、誰でも参加・申込可能なのが特徴です。
 これまで地上波で放送されていたのは「決勝ラウンド」であり、8・9組が優勝をかけて漫才を披露します。
 決勝ラウンドの椅子を獲得するには、1回戦・2回戦・3回戦・準々決勝・準決勝を勝ち抜けなければなりません。
 ちなみに、最も新しく行われた2010年のM-1グランプリでは、4,835組がエントリー。1回戦に至っては真夏頃から開催されています。

歴代優勝者は豪華メンバー!

2040406 201407300846859001406723092c

2001年から2010年までの優勝者を振り返ってみましょう。
 ・ 2001年 中川家
 ・ 2002年 ますだおかだ
 ・ 2003年 フットボールアワー
 ・ 2004年 アンタッチャブル
 ・ 2005年 ブラックマヨネーズ
 ・ 2006年 チュートリアル
 ・ 2007年 サンドウィッチマン
 ・ 2008年 NON STYLE
 ・ 2009年 パンクブーブー
 ・ 2010年 笑い飯

 見ていただいてわかるとおり、ほとんどの方が現在も第一線で活躍していますね。
 M-1グランプリをきっかけとして名前が売れ、グランプリ以降のブレイクにつながったコンビもいれば、
 すでに名前は知られているが、改めて実力を証明した、という格好となったコンビもいるように感じます。

優勝せずとも、ブレイクを果たしたコンビも!

134

 優勝していないからといって、ブレイクしないとは限りません。
 中には、健闘してブレイクを果たしたコンビもいるのです。

 代表格は、やはり「南海キャンディーズ」でしょう。
 筆者が関西圏在住ではないからかもしれませんが、M-1グランプリ 2004で初めて見るコンビでした。後々調べてみると、2003年に結成されているようで、
 当時は結成2年目にして決勝ラウンドに進出していたんですね。

2015年の優勝者は!?ブレイクするのは誰?

 2015年のM-1グランプリは、3,427組が挑戦しています。
 (2015年11月15日現在、)準々決勝まで終了していて、残っているコンビは27組。次は準決勝で決勝ラウンドの椅子を争います。
 どのコンビが優勝し、またどのコンビがブレイクを果たすのか?準決勝そして決勝ラウンドの様子を、是非チェックしてみてください。

出典: WWW.M-1GP.COM