目次

  1. オリラジのあっちゃんこと中田敦彦さんとは
  2. ただ「かっこいー!」だけじゃないあっちゃんのガチヤバエピソード
  3. だからこそあっちゃんはかっこいい!!

オリラジのあっちゃんこと中田敦彦さんとは

Mv 02


東京NSC10期生。

「はんにゃ」「フルーツポンチ」などと同期でありながら、その中でも飛びぬけてスタートダッシュが早く、現役大学生&養成学校在学当時からテレビ出演を果たしています。

中田さんが「武勇伝」を披露するというネタはリズムギャグとして大ヒットし、「あっちゃんかっこいー!」という決めゼリフも流行!

そんな中田さんは慶應義塾大学経済学部卒業という高学歴芸人でもあり、理路整然とした語り口や頭脳を生かしたクイズ番組、トーク番組などにも多数出演。


また、芸能界屈指のエヴァンゲリオンファンでもあり、「エヴァ愛」や豆知識を披露することも。

11861 00


2012年には、お天気キャスター福田萌さんと結婚。
第一子誕生後は、積極的に育児に参加するなど「イケメン」「優しい」「理解のある」旦那というイメージを広げていきました。


そんな中田さんですが、ちょっと変わっている人として様々なエピソードをお持ちなのです。

ただ「かっこいー!」だけじゃないあっちゃんのガチヤバエピソード

Cap004



・絵が非常に上手いが、同時に怖い


・中学時代友達がいなかったため、高校デビューしようとするも失敗。大学デビューしようとするも失敗。念願のバイトデビューを果たし人気者となる


・高校時代、コンビニの防犯カメラを20分間意味もなくにらみ続けたことがある


・綾波レイをこよなく愛しすぎるあまり、綾波レイの台詞だけを編集した自作MDを作成して登下校中の楽しみにする


・日経エンターテイメントで「親しみやすいあっちゃん」と紹介されたことに対し「勝手に親しむな、恋焦がれろ」と発言


・いい年齢でおもらしをしてしまったことに対し「おしっこを漏らせって声が聞こえたんだ」と弁明


・同じ高学歴芸人である京大出身・ロザン宇治原に対し「IQ測られてる側の人間ですよね?僕IQ測る側なんで」と発言


・先輩芸人である千原ジュニアさんのことを尊敬してやまず、彼のジャックナイフというイメージを守るために、本人の前で披露された天然エピソードについて「そんなの全部嘘です」と言い切る

Img 0


・イケてなかった中高時代に強いコンプレックスを抱いており、そうしたコンプレックスをぬぐうためか「中高童貞は大器晩成と同義語だ」と発言


・NSC在学中は周囲に強いライバル心を抱いており、相方藤森が同期とつるんでいると「程度の低い奴らと喋ってんじゃねぇ」と怒っていた


・以前付き合っていた彼女と喧嘩をし、合鍵を使って彼女の部屋のドアを開けたらドアチェーンがかかっていた。困った挙句、一時間ひたすらドアの開け閉めを行った。理由は「そうしているうちにドアチェーンが引きちぎれるだろうと思って」


・イライラすると物に当たり、暴れる傾向がある


・彼女が相手の場合は、イライラしても手を上げられないためひたすら壁に頭をぶつけ、流血しながら怒る。流血することにより、いかに自分が彼女を愛しているかをアピールしているらしい。


・上記のような前提があった上で相方藤森さんに「ちょっと頭がおかしいのかな~?」と言われ「俺は頭がおかしいんだ!!」と力強く肯定

だからこそあっちゃんはかっこいい!!

Img 1


アメトーーク内企画「中学のときイケてないグループに属していた芸人」では、自分の中高時代の浮いていた、ダサイ、イケてないエピソードを披露したこともある中田さん。

「闇」の部分があるからこそ、視聴者は中田さんの家族を大切にする姿に好感を覚えるのかもしれません。