目次

  1. 「スペルスピード」
  2. 「タイミングを逃す」(スペルスピードによるorz)
  3. 「タイミングを逃す②」(一連の効果中の別の効果発動はorz)
  4. 「タイミングを逃す③」(リリースやシンクロ素材の墓地発動はorz)
  5. 「蘇生制限」

RENOTE.JP

「スペルスピード」

Card73715315 1

スペルスピードは、要は「魔法や罠のスピードの速さ」です。スペルスピードは1〜3まで存在し、一つでも遅いスペルスピードのカードはチェーン発動できません。
スペルスピード1《通常魔法、装備魔法、フィールド魔法、儀式魔法、永続魔法、効果モンスター(カードによってはスペルスピード2でも可)》です。
「砂塵の大竜巻」は普通のノーマル罠なので、スペルスピードは1です。

Card100011865 1

「サイクロン」のような速攻魔法は、スペルスピード2です。
例えば、前述した「砂塵の大竜巻」を相手が発動した場合、チェーン発動して破壊仕返せます(効果は残ります)。
ただし、自分が「サイクロン」を発動して、相手の伏せカードである「砂塵の大竜巻」を対象にとった場合、相手は発動できません(スペルスピードが2で効果が動いているため)。

「タイミングを逃す」(スペルスピードによるorz)

Card100002473 1

「タイミングを逃す」はスペルスピードの応用編です。
例えば、
①自分が「サイクロン」を発動し、相手の伏せカードを選択。
②相手はその伏せカード「リビングデッドの呼び声」(ノーマル罠)でモンスターを蘇生。
今回は、その時に蘇生した次の2種類のモンスターの効果が発動するか否か、の説明です。

20130226 cacc50

「聖鳥クレイン」
テキストの「特殊召喚した時、〜する」の「〜する」は、ちょっとでもそうなった場合に強制発動する効果です。
つまり一瞬でもモンスターがフィールドに存在するので(結局はサイクロンで破壊されますが)、効果は発動するのです。相手は一枚ドロー!ww

0978

「E・HERO エアーマン」
「特殊召喚した時、〜できる」の「〜できる」は、用語的には「時の任意効果」(発動条件を満たした直後に別の処理が行われると「発動タイミングを逃した」事になる)ので、発動できなくなります。
要は、できるか否かで選んでる余裕はスペルスピードの速い中では出来ない、ということです。

「タイミングを逃す②」(一連の効果中の別の効果発動はorz)

Card100000477 1

例えば「ゴブリンドバーグ」は、「モンスターを手札から特殊召喚する」処理を行った後で、「自身が守備表示になる」処理を行うーー2種2連続の効果を持ったモンスターです。これを「一連の効果」といいます。
「グリーンガジェット」を召喚しても、効果は「守備表示なる」が最優先されてしまうため、グリーンガジェットは効果を使えません。
要は、「別の効果がすぐ後に続いている場合、その間の効果はスルーされる」のです。

Card100003769 1

極端な言い方をすれば、「死者蘇生」は効果が後にないから、モンスターは効果を使えるのです。
もし「死者蘇生」に「その後、そのモンスターを守備表示にする」とテキストに書いてあった場合はモンスターは効果を使うタイミングを逃します。

「タイミングを逃す③」(リリースやシンクロ素材の墓地発動はorz)

1956

これは簡単ですb
コストやリリースなどの墓地送り&墓地発動、特に「墓地に送られた時、〜できる」は「時の任意効果」によりタイミングを逃します。「代打バッター」なんかは、かなり有名。☆5☆6のリリースに使っても、次の効果はあくまでも「アドバンス召喚」が優先。効果は逃すわけですb

A812158adf

そこで優秀なのが彼!「ダンディライオン」!
彼は「墓地に送られた時、〜する」なので、リリースだろうがコストだろうが強制発動可能!!
つまり、アドバンス召喚したあとにも、きちんと効果を発動できるのです。
そりゃあ制限カードになるわけですなww

「蘇生制限」

Card100003769 1

「死者蘇生」のようなカードを使う場合は、正規の手順でフィールドに出ていない特殊召喚モンスターは、墓地からの特殊召喚をすることはできません。
「正規の手順」ってなんぞ?というと、簡単に言うと「オマエラちゃんと召喚した?まさかデッキとか手札から墓地にポイッ捨てしてねーだろーな」ってことですww

Card73708711 1

例えば「契約の履行」。
このカードなら、一度は儀式モンスターをちゃんと儀式カードで召喚した上で、初めて使うことができるのです。
「手札から《死者への手向け》などで捨てて、モンスター墓地にいるから、はい!死者蘇生〜!」はダメってことですww

ルールの確認はもとより、ゲーム内ではテキスト検索の際に気をつけてみたり、いろいろ勉強になりましたね。
知らないデュエリストには、こういった難癖(正当なダメだし)つけてルールを正しく理解しましょう。
「ルールを守って楽しくデュエル!!」