2種類の3部作

A
STAR WARS EPISPDE Ⅳ-Ⅵ(旧3部作)
バック・トゥ・ザ・フューチャー Ⅰ-Ⅲ
マトリックス 3 作

B
スパイダーマン (サム・ライミ版) 3 作
ジュラシックパーク 3 作(2のタイトルは、ロストワールド)
エクスペンタブルズ 3 作


A と B それぞれに挙げたタイトルを見て何が違うと思われますか?
マトリックスもジュラシックパークもバットマンも
1、2、3 なんて単純なタイトルにしてないし、その後も『ジュラシックワールド』が
あるじゃん!などと言われると、この先書けなくなってしまいますが、
その辺の事は大目に見て下さい。

A の作品群、マトリックスを例に挙げてみましょう。

1作目
機械が世界を牛耳っていると知った主人公のネオ。
物語の終盤で彼は、救世主として目覚め、その力をもってしてエージェントスミスを倒します。
最後は、さらに巨大な敵に対して宣戦布告をして終わり。

1作目のヒットを受け作られたその後の2作。
2作目の最後ネオは倒され、ネプカトネザル号は沈められ、
人類の希望は潰えたとおもわれたようなところでお話は終わります。
『TO BE CONTINUED』の文字を残して(←ここポイント!)
そして3作目で人類と機械の共存する世界が到来するラストを迎えます。

もともと3作全ての設定も物語もできていたけれど、
1本ではおさまらないから、あそこまでの話にしたとインタビューを読んだ記憶もありますが、
あの後の話がなかったとしてもあのストーリーが尻切れトンボに感じる人は少ないのではないでしょうか?
逆に続編はなくても・・・と思われる方もいるかもしれません。

どうです?
スターウォーズエピソードⅣ~Ⅵはどうです?
Ⅳでダースベーダーがぐるぐるぐる~~~って飛ばされましたが、
あれでやっつけたと考えれば、マトリックスと同じじゃないですか?
Ⅴの最後、
ダスベ 『I am your father 』
ルー   『Noooooooooooooooooo!』
と言う有名なやりとりの後、
命からがら逃げ出すルークとモニュメントのごとく固められ敵に捕まったハン・ソロ・・・。
でいきなりのエンドロール!

どーなっちゃうんだよー!
続きはさ!?
となるわけです?

どうです?
『パイレーツオブカリビアン』はどうです?
『バック・トゥ・ザ・フューチャ-』は?

そうなのです A の作品郡は、1本目はその話のみで(ほぼ)成立。
2~3作目は、続いているのです。
『1作目がヒットしたから続編作ろうよ。』
『どうせなら続編2本作っちゃわない?』
『いいねー、3部作で収まりいいしね』
となったと容易に想像できてしまうわけです。

一方 B 郡。
こちらはシンプル。
1作目がヒットしたので続編制作。
さらにそれもヒットしたから続編も・・・。
となっていった3部作です。
ただ B 郡に関しては、とりあえず3本まで作られているだけで、
キャストが代わって新たなシリーズになったり(リブート)しているので
3部作と言い切れないかもしれないですね。


結論
おもしろい映画をたくさん観られるのは嬉しい事ですが、
映画は1本でキチンと完結している方が美しいと思っている私としては、
『To be continued』はやめて欲しい。