目次

  1. アンリ・カルティエ・ブレッソン 略歴
  2. Behind The Gare St. Lazare,Paris 1932.
  3. By the Marne River,1938
  4. In Brie,France June 1968
  5. Hyères、France 1932
  6. Srinagar,Kashmir,India,1948
  7. Salerno,Italy,1933
  8. Henri Matisse, 1944
  9. Albert Camus, 1947
  10. Trieste,Italy,1933
  11. 最後に

アンリ・カルティエ・ブレッソン 略歴

Henricartier bresson

ブレッソン近影。

アンリ・カルティエ=ブレッソン(Henri Cartier-Bresson、1908年8月22日 - 2004年8月3日)は、フランスの写真家。
20世紀を代表する写真家であると多くの写真家・芸術家から評されている。彼は小型レンジファインダーカメラを駆使し、主にスナップ写真を撮った。芸術家や友人たちを撮ったポートレイトもある。
彼はライカに50mmの標準レンズ、時には望遠レンズを装着して使用した。1947年にはロバート・キャパ、デヴィッド・シーモア、ジョージ・ロジャーと共に国際写真家集団「マグナム・フォト」を結成した。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

Behind The Gare St. Lazare,Paris 1932.

Mb21203m

トップ画像と重なるので、ここでは広告として使われたバージョンを使わせていただきましたが、この作品「Behind the Gare St-Lazare,Paris,France 1932」は、初めて見た時からずっと目に焼き付いて離れなくなった作品でした。
まさに「永遠の一瞬」を切り取った一枚だと思います。

今まさに水の上でジャンプをする男性。この後彼がどうなったかは見る人それぞれの想像に任されています。

ちなみに、黒いシルエットだけで顔もわからないこの男性は、レイモン・クノー(フランスの作家)です。

By the Marne River,1938

Henri cartier bresson

モノクロなのに、柔らかな色彩までが見えてきそうな、きわめて絵画的な一枚。
まるでルノワールの絵を見ているような錯覚に陥ります。

In Brie,France June 1968

130118 bresson

もちろん一度も行ったことがない場所なのだけれども、妙にデジャヴ感を誘う作品。
この作品を見ているといつも中に吸い込まれていきそうな不思議な気分になります。

Hyères、France 1932

Henri cartier bresson picture 1 45

螺旋階段の上から見下ろした通りを、自転車が駆け抜けていく。
めまいがおきそうな映画的瞬間を捉えた作品です。

Srinagar,Kashmir,India,1948

600x394x2

インドのカシミール地方で、雲間から差し込む光に向かって手を差し伸べるサリー姿の女性。
宗教画のような、敬虔な雰囲気にあふれた作品。

Salerno,Italy,1933

Original 00435 1

イタリアの街角で。
光と影のバランスが素晴らしい。

Henri Matisse, 1944

Cartier bresson henrimatisse1944

画家・マティスのポートレート。
ブレッソンが撮った写真には、著名人の知られざる内面を捉えたものが多々あります。

Albert Camus, 1947

Camus

「異邦人」や「変身」などで有名な作家、カミュのポートレート。

Trieste,Italy,1933

20130206 111952

気だるい空気が見る側にまで伝わってきそうな一枚。

最後に

ブレッソン自らが半生と作品について語った映画「アンリ・カルティエ・ブレッソン 瞬間の記憶」も公開されました。

T0004577