目次

  1. Ready Steady Go!
  2. Honey
  3. Driver's high
  4. あなた

Ready Steady Go!

この動画はL'Arc-en-Cielが日本のロックバンドとしては初のMadison Square Gardenでの単独ライブの映像だ。
まず何と言ってもhydeの声が原曲と全く違う!と驚かれる人もいるかもしれない。hydeは年を経るごとにどんどん歌が上手になっているように思われる。
曲のアレンジの方に目を向けると、まずテンポがかなり速い。これにより疾走感がより感じられる。
個人的には最後のPlease trust meのところのアレンジがとっても気に入っている。

Honey

Honeyもやはり原曲よりはかなりアップテンポになっており、honey独特の世界観をさらに印象強いものにしている。ライブでは必ずといっていいほどする、少しいかれただけさの所でするhydeの手を頭に持ってくる仕草はものすごくカッコイイ。ラストのsunriseの後のトゥルットゥトゥトゥという所が個人的にはお気に入りである。

Driver's high

昔のドラマGTOのオープニングであったこの曲。この曲は何と言ってもファンと共に盛り上がる曲である。FLASH!の所や、Yeah!の所でファンが叫ぶのが定番となっている。他のライブだと、2番終わった後の、もう数える〜着替えたなら、の所までもファンが叫んでいたりするほど一体となれる曲なのだ。よくよく歌詞を考えるとそこまで明る曲ではないのだが。そこを思わせない所が魅力であり、またセンスである。

あなた

もはやL'Arc-en-Cielのライブでは欠かせない曲となりつつあるこの曲。先ほどのDriver's highもそうだが、それよりもさらにファンが一体になれる曲だ。原曲も素晴らしいが、かなりライブ向けの曲だと言っていい。原曲よりもかなり長くなる傾向にある。最後のhydeの綺麗な高音が聴いていて大変心地良い。
大切な人を思った、とっても綺麗な歌である。
日本人だけではなく、アメリカという異国の地で様々な人種の人たちが、L'Arc-en-Cielのこの歌を日本語で熱唱している姿を見ると大変心が打たれ、それと同時に音楽というもの、さらに言えばL'Arc-en-Cielの偉大さをひしひしと感じさせられる。