目次

  1. カラーピンナップは石恵さんです
  2. ヒロイン総選挙の部門9つを一挙ご紹介!
  3. 矢吹先生と長谷見先生のロングインタビューも収録!
  4. まとめ

カラーピンナップは石恵さんです

1446643124819

一番初めのページを飾るのは石恵さんによるカラーピンナップです。ちなみにこの裏は矢吹先生のカラーピンナップです。気になる方はぜひ買ってみてくださいね。

ヒロイン総選挙の部門9つを一挙ご紹介!

1446643107937

部門は全部で9つ。「恋人にしたいヒロイン」「家族にしたいヒロイン」「友達にしたいヒロイン」「推しメンにしたいヒロイン」「1日だけ身体が入れ替わりたいヒロイン」「ベストトラブルシーン」「欲しい宇宙アイテム」「リトの次なるハレンチ変身」「ヒロイン仲良し(!?)コンビ」

途中からはヒロイン関係なくなっていますがまあ良いでしょう。ちなみに「恋人にしたいヒロイン」第1位は安定の春菜でした。1位のキャラにはもれなく矢吹先生の描き下ろしつきです。いいですなあ。ちなみにこのイラストは普通ですが、後半になるにつれて過激になっていきます。ある意味安定しています。

それぞれの1位を公表したいところですが、それはやはり買ってからのお楽しみということで。描き下ろしイラストが見られるだけでもお得ですよ。

矢吹先生と長谷見先生のロングインタビューも収録!

1446643099598

大分長めのインタビューとなっています。ちなみに矢吹先生と石恵さんの対談模様も載っています。こちらは作画対談となっていて、びっくりするくらい真面目な話が展開されていました。技術的な側面も載っていて、マンガを描いたこともない私が聞いてもいまいちわからなかったのですが、そちらに造詣のある方は参考になるのではないでしょうか。

インタビューには今後の展望なども収録されており、ふむふむと頷きながら読むことができます。今度はネメシスを軸とした新シリーズになるということで、ハーレム計画とどんな絡み方をするか楽しみですね。ちなみに私としてはモモにもっとジェラシーのようなものを感じてほしかったりします。本編でその片鱗みたいなものは出始めていますので、大変楽しみですね。

まとめ

なかなか読み応えのある1冊です。企画もこれまでの焼き増しというわけではなく、きちんと練っている感があって良いですね。ファンブックともなるとちょっと手抜き感が目立つものも多かったりするのですが、この本に関してはそんなことありませんでした。

ちなみに読めばわかるのですが、ランキング総じてモモがひどい感じになっています。あ、こんな人気ないんだって感じですね。ですので、モモファンを自称する方はショックを受けないようにご注意ください。それでは皆さん、翌日11月5日にはTOLOVEるダークネスのゲームも出ますのでそちらを楽しみにしながら読んでみてくださいね。