目次

  1. 舞台は幕末、鬼神を宿す少年剣士『幕末風来伝斬郎汰』
  2. 何者なのか、斬郎汰
  3. 多彩な敵と、戦い方
  4. アノ人気漫画と同じ作者による『YAIBA』
  5. 神の意思宿る「雷神剣」
  6. 有名な剣豪たちが登場
  7. 宮本武蔵
  8. 佐々木小次郎
  9. 柳生十兵衛
  10. 登場する剣
  11. 風神剣
  12. 龍神剣
  13. 覇王剣
  14. 魔王剣
  15. 剣劇漫画

舞台は幕末、鬼神を宿す少年剣士『幕末風来伝斬郎汰』

あらすじ:「血袴」の異名をとる人斬り斬郎汰。鬼神のような大男とも、年端もいかない小僧であるとも言われるが、残虐非道で冷酷無比。村一つを一晩で滅ぼしたとの噂もある。そんな人斬りに両親を殺された少女泉(せん)は、カマを武器代わりに敵討ちの旅に出る。そこで斬郎汰を名乗る少年と出会うが、どうにも底が見えない彼は、異常に長い刀、そして尋常ならざる強さを持っていた。そう、彼こそが本物の「血袴の斬郎汰」であった・・・。

F098

何者なのか、斬郎汰

「何か、別の雑誌の元人斬りが主人公の漫画に似てる」と思われる方も多いです。しかし、少年特有の危うさ、意外な弱さが描かれていました。斬郎汰は維新志士ではありません。といって、趣味で人を斬っているわけでもありません。本性は優しい少年なのです。しかし、彼の内には「鬼神」というものが眠っています。こいつがかなり厄介であり、時折暴走しては善人悪人、戦意のあるなしに関係なく人を斬ってしまうのです。

Unyara1112 img600x600 1437470276nueemm28174

そして鬼神が鎮まれば、罪悪感と後悔から涙を流す・・・そんなことを繰り返しながらも、刀を捨てることが許されない、旅を続けなくてはならない理由があります。

多彩な敵と、戦い方

さて、そんな斬郎汰たちの前に立ちはだかる敵ですが・・・キャラクターとその組み合わせがかなり計算されており、単なる剣でのチャンバラだけでないのが凄いところ。ときには敵による同士討ちもあり、その際には頭脳戦とも言える闘いを披露してくれました。

Unyara1112 img600x600 14374702771hszhf28174

アノ人気漫画と同じ作者による『YAIBA』

Kenyuu densetsu yaiba 586

アニメ化されたんで「知る人ぞ」ってほどでもないんですけどね。

「あれ何か見たことある絵柄」と思った方。あなたは鋭いです。コナン君並に・・・まあ、個性的な絵柄だしアニメにもなった作品ですので分かる人は分かりますが。『名探偵コナン』『まじっく快斗』の青山剛昌先生による『YAIBA』です。主人公鉄刃(くろがね・やいば)が雷神剣を手に、様々な敵と戦う、というストーリーなのですが、まずこの雷神剣が曲者。

神の意思宿る「雷神剣」

O0800064013425604905

唾の部分に穴が開いているのですが、ここに「雷神の玉」をはめ込むことで本来の力を発揮。しかし宿っている「雷神」に認めてもらわないと触ることさえできない(雷が落ちる)上、「未熟者」が持つと精神を乗っ取られて最終的には鬼になってしまうという怖い剣です。

Hqdefault

なので最初は玉をはめていない状態で使っていたのですが、いざ使いこなせるようになって後は、相手を感電させたり、雷の力を利用した攻撃も可能なりました。

R080841148l

他にも火の玉、水の玉などが登場し、刃の戦いをサポート。アニメでは「龍神の玉」を手に入れて戦う「かぐや編」までしか放送されませんでしたが、個性豊かなメンバーや発想により、一風変わった剣劇漫画といった印象でした。

有名な剣豪たちが登場

YAIBAには、剣豪をはじめ歴史上の人物が多数登場します。大部分が動物を媒体に復活させたもの、というアイディアがすごいです。

宮本武蔵

Ed00084716