目次

  1. 売れない役者も描いた浮世絵師
  2. 東洲斎写楽という名前はどうやって名付けたのか
  3. 「世界三大肖像画家」と称賛される
  4. 不人気だった写楽
  5. 写楽の正体は誰か?
  6. もし写楽が絵師に転職したら?

売れない役者も描いた浮世絵師

写楽は人気のある役者だけでなく、売れない役者の絵を描き続けた。これは、
作品のモデルを自分の分身にしていたためだと思われる。蔦屋重三郎が大枚をはたいて
彼をデビューさせたにも拘らず、あまり売れない版行をし続けたのは、写楽が当時
人気があった役者ではなく端役に注目したためだとも言われる。
近年では写楽の正体が能役者の斎藤十郎兵衛で、彼がワキツレ(端役の端役)を
していたからだという説が浮上している。

出典: WWW.NAGAITOSHIYA.COM

33205

「市川富右衛門・蟹坂藤馬 佐野川市松 ・白人おなよ」

東洲斎写楽という名前はどうやって名付けたのか

「東洲斎」という斎号は、東の川の中島にある居室という意味である。
写楽がデビューした1794年は、江戸城から見て東に位置する中州の土地を
東洲斎と呼んでいた。斎藤十郎兵衛がその地域に住んでいたからだとも言われている。
「写楽」という名前の由来は、彼の作品に役者の絵が多いため、「楽屋を写す」
の略という説と洒落(しゃらく)という言葉から来たものだという説もある。


元は室町時代から使われた言葉で、「物事にこだわらず、さっぱりしている」という
意味だったが、江戸時代の前期頃から「垢ぬける」という意味の「しゃれ」の当て字
として使われるようになった。写楽の作品は洒落ていて風情があるので、そう考えると
合点がいく。

出典: WWW.NAGAITOSHIYA.COM

32100

「市川男女蔵(いちかわおめぞう)の奴一平(やっこいっぺい」目元の赤と羽織が印象的

「世界三大肖像画家」と称賛される

日本では人気がなかった写楽だが、ドイツの美術研究家ユリウス・クルトによる著書
『Sharaku』(1910年・ドイツ語版)の中で、彼がレンブラントやベラスケスと共に
「世界三大肖像画家」と称賛したため、大正時代から注目された。

江戸時代の頃は、写楽より初代豊国の役者絵に人気が集まったが、その理由は写楽が
役者の顔を正直に描きすぎたためという中山幹雄の説がある。
当時は役者の顔を美しく描いた絵の方を好んで買うお客が多く、デフォルメした写楽の絵は
人気がなかった。

出典: WWW.NAGAITOSHIYA.COM

Ts003

動と静の対比が美しい「三代目大谷鬼治と初代市川男女蔵」

不人気だった写楽

写楽作品はすべて蔦屋重三郎の店から出版された。挿絵の左下に、蔦屋の印(富士に蔦)が
見えるのがその証拠である。絵の発表時期は4期に分かれていたが、第一期から第4期に移るに
つれて、版画の品質が落ち人気がなくなっている。

彼の代表作といわれるのは大首絵の第1期の作品がほとんどだが、途中からは別の人間が
描いていた、または工房で大量の絵を作成したとする説もある。

出典: WWW.NAGAITOSHIYA.COM

写楽の正体は誰か?

東洲斎写楽は斎藤十郎兵衛とする説が優勢だが、別人だとする説もある。他の候補として
名前が挙がったのは浮世絵師の初代歌川豊国、歌舞妓堂艶鏡、葛飾北斎、喜多川歌麿、
司馬江漢、谷文晁、円山応挙、歌舞伎役者の中村此蔵、洋画家の土井有隣、戯作者でも
あった山東京伝、十返舎一九、俳人の谷素外など、多くの人物の名があげられた。

斎藤十郎兵衛がなぜ有力なのかといえば、実名を伏せなければならない人間がいなかった
からだ。当時、歌舞伎役者は「かわらもの」と呼ばれ卑しい職業とされていたが、無足
(下級武士)とはいえ士分の斎藤十郎兵衛が、役者の浮世絵を描く仕事をするのは身分を
落とすことだった。お客として観るなら良いが舞台に上がってはいけないので、副業がばれる
と困る。本業があるからこそ、たった10か月で絵師を辞めることが出来たのだという。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

017

「成田屋三舛」大首絵 人気役者らしく着物のセンスが良いですね

もし写楽が絵師に転職したら?

もし、写楽が転職したらどうなっただろうか。第一期で売れていたら、
そのまま制作を続け、早い時期に日本でも人気浮世絵師としてもてはや
されただろう。だが、いくら売れないといえ彼の作品の贋作があちこちで
出回ることはありえない。他の絵師達のように役者を美しく仕上げる事は
なかったが、その個性的な画風だからこそ受け入れられたのだろう。

短期間で絵師生命が終わった事は惜しいが、これからも謎が多い絵師として
歴史に残るだろう。

出典: WWW.NAGAITOSHIYA.COM