目次

  1. ウォルター・クレインについて
  2. 野ばら
  3. サンシキヒルガオとスイカズラ
  4. ワスレナグサ
  5. キンポウゲとキバナノクリンザクラ
  6. サクラ
  7. オダマキ
  8. まとめ
  9. 参考文献

ウォルター・クレインについて

ウォルター・クレイン(Walter Crane, 1845年8月15日 - 1915年3月14日)は、イギリスの芸術家である。絵画、イラストレーション、児童書、陶磁器タイル、その他多くの装飾芸術を制作し、アーツ・アンド・クラフツに深く関わった。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

220px walter crane small

西洋の伝統的なモチーフを題材とした美しい彼の作品。けれども実は浮世絵の大ファンで、彼の作品の平面的なデザインは日本画のそれの影響であるとも言われています。

野ばら

Pb020021

庭の女王とも言うべき花・野ばらと、彼女を口説く愛の神・キューピッドの姿を描いてます。女王すら赤らむ言の葉をささやく愛の神の告白は如何に…?

サンシキヒルガオとスイカズラ

Pb020022

羽を空に広げ飛び立とうとするスイカズラと、去らんとする彼に絡みついて止めようとするサンシキヒルガオの彼女。ある種の切なさを覚える風景です。

ワスレナグサ

Pb020023

小川のほとりの茂みより、『私を忘れないで』と小さな声でなく彼女。慎ましやかさが切ないワンシーンです。

キンポウゲとキバナノクリンザクラ

Pb020025

輝くキンポウゲは、地面にキバナノクリンザクラ(=カウスリップ=牛が滑る)が密生する上に花を咲かせます。

サクラ

Pb020026

5月、美しい花の散り際を「仮面劇」と称しているこの作品。サクラの花を操る美青年の妖艶な笑みが印象的です。

オダマキ

Pb020027

イギリスでは「鳩のような」と言う意味も持つこのオダマキ。遠くの星(金星)からヴィーナスのいる車を引いているイメージを描いています。

まとめ

美しく幻想的な、花と妖精の交わりを描いたこの作品。共に書かれているクレインの文体もとても素敵です。花や妖精などの幻惑的な世界観に惹かれる方には特にオススメの1冊でした。

参考文献