目次

  1. あらすじ
  2. 無気力な「イマドキ」高校生
  3. バディケータイ「セブン」
  4. 都市伝説・デビルKとエンジェルK
  5. 桐原とサード
  6. どうなる?

あらすじ

時は現代、より少し遠い「明日未来」。インターネットの普及とともに増える「サイバーテロ」に対処すべく立ち上げられた組織、アンダーアンカー。捜査員は「フォンブレイバー」なる携帯電話機能を持ったロボットを相棒(バディ)とし、捜査、時には逮捕協力(警察にさえ非公式なので直接の逮捕はできない)をします。ごく普通の高校生網島ケイタは、ひょんなことから捜査員滝本のバディを託されてある事件を解決に導きます。滝本は死亡し、彼のバディ携帯7(セブン)は、そのままケイタのバディとして引き継がれることになるのですが・・・。

無気力な「イマドキ」高校生

Img64534942

窪田氏演じるケイタですが、イマドキの高校生といった感じで何か無気力です。何せ「どっちでもいい」が口癖ですから。親が転勤族で中々友達ができないから諦めモードになっていたのかもしれませんが、滝本によれば「赤の他人を放っておけない、凄いのではなく優しい奴」とのこと。その優しさは、随所に描かれます。時にさりげなく、時にストレートに。

バディケータイ「セブン」

1251970656

天使のコスプレ経験アリ。

そんなケイタの「バディ携帯」にして「上司」もしくは「友達」ともいえるのが、セブン。正式名称はフォンブレイバー7。色はグローイングシルバー、だそうです。こいつがまたいろいろとかっこかわいいんです。フォンブレイバーは両手をかざすことでいわゆるプログラムの読み取りや書き換えなどができる優れもの。ほぼ毎回セブンの「萌え所」があるのですが、正義のために作られたものであり、沈着冷静に分析をしたり、助言をしたりもします。ケイタに「友達」と言われて「え・・・」とうれしそうな声を上げたりもしますが。正式にバディとなって後、二人の絆はどんどん深まっていきます。

「君の心を受信した」が決め台詞。「ケータイは投げるものではない!」も。(しょっちゅう投げられているため)

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

020

ドヤッ

ブーストフォンというこれまた携帯電話(に見せかけた)カメラやマイク等を装着することで機能の増幅を図るのですが・・・装着は手動です。しかも、「ええと、これはこっちで・・・」と迷いながらの装着だったり、完了後は「カッコいい」決めポーズまで取るのです。気まずそうに否定していましたが、絶対ヒーローに憧れてます。人間臭いです。投げられると怒ります。

都市伝説・デビルKとエンジェルK

Phonebraver 815t hatsubaibi

01は「るるる~」と歌いながら登場します。「お前は圏外だ」が決め台詞。

作中では都市伝説も取り入れられます。つまり、「歩く携帯」。警察にも極秘の組織なのに、ちゃっかり目撃されてます。もっとも、画像右の01(ゼロワン)のせいもあるのですが。彼は3度もバディである人物を失っており、「バディ殺し」である自分や、兄弟機の存在意義等に悩み、兄弟機を破壊、あるいはウイルス感性させて逃亡。悪事に手を貸すのです。黒というカラーリングも相まってか、悪魔の携帯「デビルK」なんて呼ばれるようにまでなりました。セブンはエンジェルKとして、天使のコスプレまでしてケイタのクラスメイトを励ましたりもしました。このシーンは必見です。01も途中から味方のような立ち位置になりました。最終回1話前のシーン、輝いてたよ、01・・・と声をかけたくなります。

01は、人間との関係に関する「解」を求めていた。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

桐原とサード

1240221354

執事キャラ

桐原というのはアンダーアンカー捜査員の一人です。留守中家族が未成年に殺された経験があります。しかも、殺した相手は少年法に守られて顔も名前も分からない。「顔が分からないやつ」は信用できないと、インターネット社会自体をさえ嫌っている風でした。態度が厳しいため、バディ携帯のサードは頭を下げっぱなしです。桐原が家族を殺した男を殴り殺してしまいそうな直前、サードは初めて、そして一度だけブチ切れました。「やめろってんだろ!!」計算してのことなんでしょうが、バディ愛を感じるシーンでした。桐原がサードをバディとしていく覚悟を決めたきっかけが01による一種の謀反だったことを考えると皮肉ですが。

どうなる?

他にも見所はありますが、実際見た方がよほどいいです。主題歌も一見明るめ、なのにどこか切なげで、機械と人間なのに心が通じ合ったり、人間同士でも信じられなかったり・・・これからのネット社会がどうなるのかを案じているようでもありました。