目次

  1. ここでJ Soul Brothersの歴史についてまとめてみる
  2. M1 On Your Mark ~ヒカリのキセキ~
  3. M2 Japanese Soul Brothers
  4. M3 Best Friend's Girl
  5. M4 リフレイン
  6. M5 FIGHTERS
  7. 初期のころの曲を聞いて

ここでJ Soul Brothersの歴史についてまとめてみる

初代J Soul Brothers メンバー(現在の表記)
パフォーマー HIRO
パフォーマー MATSU(松本利夫)
パフォーマー USA(ÜSA)
パフォーマー MAKIDAI

Img 1

二代目J Soul Brothers写真左から(現在の表記)
パフォーマー TETSUYA
パフォーマー KENCHI(橘ケンチ)
ボーカル&パフォーマー NESMITH
ボーカル&パフォーマー SHOKICHI
パフォーマー NAOTO
パフォーマー NAOKI(小林直己)
パフォーマー KEIJI(黒木啓司)

3jsb

三代目J Soul Brothers写真左から
リーダー&パフォーマー NAOTO
パフォーマー 岩田剛典
ボーカル 登坂広臣
リーダー&パフォーマー 小林直己
ボーカル 今市隆二
パフォーマー 山下健二郎
パフォーマー ELLY

J Soul Brothersは1999年にEXILEの前身グループとしてHIROが立ち上げました。
結成当時のメンバーは上記の4人に加えボーカルのSASAを含めた5人組でした。

1999年にシングル「J Soul Brothers」でデビューしますがあまり売れませんでした。
2001年に作家活動に専念するためSASAが脱退、新ボーカリストとしてATSUSHIとSHUN(清木場俊介)が加入します。
同年8月、グループ名を「J Soul Brothers」から「EXILE」に改名し、「J Soul Brothers」名義での活動を終了します。
EXILEは改名から一か月後、シングル「Your eyes only~曖昧なぼくの輪郭~」でデビューします。

2007年にHIROプロデュースの元、新生「J Soul Brothers」プロジェクトが始動します。
同年4月から行われたEXILEのライブツアーで結成が発表され、8月の公演でメンバーがお披露目となります。
この時のメンバーはNESMITH、SHOKICHI、KENCHI、KEIJI、TETSUYAの5人でした。
同年11月、NAOTO、NAOKIを加えた7人全員のメンバーがお披露目となりました。

2008年、シングル「WE!」でインディーズデビューし、その後マイクロバス一台で全国を回る武者修行を二度行いました。
インディーズでシングルを4枚リリースし、2009年アルバム「J Soul Brothers」でメジャーデビューしました。
メジャーデビューから2日後、テレビ朝日系列で放送中の音楽番組「ミュージックステーション」に出演し、前述のアルバムに収録されている「GENERATION」を披露しました。
余談ですがこの曲の歌詞にはEXILEの曲名がいくつか入っています。
出演から2日後の3月1日、メンバー全員がEXILEに加入することが発表され、活動を終了します。

2010年TBS系列で放送中の「週刊EXILE」の番組内で「三代目J Soul Brothers」が結成されることが発表されます。この時点ではパフォーマーにEXILEのNAOTO、NAOKI、当時劇団EXILE風組の役者であったELLYが参加し、並行して行われていたVOCAL BATTLE AUDITION2のファイナリストからボーカルを選抜することを発表しました。
同年9月、前述のオーディションで優勝した今市隆二と登坂広臣がボーカルとして加入します。
一週間後、EXILE初のスタジアムツアーの後夜祭で未発表だった2人のパフォーマーが発表され、ELLYと同じ劇団EXILE風組の役者であった山下健二郎と当時大学生でNAOKIと顔見知りであった岩田剛典が加入し三代目J Soul Brothersが始動します。

二か月後の11月、シングル「Best Friend's Girl」でデビューします。
翌年9月にリリースしたシングル「FIGHTERS」で初のオリコンチャート1位を獲得しました。

2012年には初の単独ライブツアーを敢行し、紅白歌合戦にも初出場。
昨年リリースしたシングル「R.Y.U.S.E.I」では初のレコード大賞を受賞し、この曲を含めた四季シングルが全て収録された翌年リリースのアルバム「PLANET SEVEN」はミリオンセールスを達成しました。

初のドームツアーも120万人を動員し、大成功に収めた三代目J Soul Brothersですが、今年デビュー5周年を迎えるということで初期の人気曲を5曲紹介します。

M1 On Your Mark ~ヒカリのキセキ~

2010年リリースの2ndシングルの表題曲です。
ダウンタウンの浜田雅功さんが主演のドラマ主題歌に起用されました。

この7人の出会いの喜びをもって歩み始めるという歌詞がいいですね。
MVは初めて7人でのパフォーマンスシーンが登場しました。

M2 Japanese Soul Brothers

2011年発売の1stアルバム「J Soul Brothers」に収録された二代目J Soul Brothersとのコラボ曲です。
J Soul Brothersの名前を受け継いできた12人だからこそできる圧巻のパフォーマンスですね。

M3 Best Friend's Girl

2010年リリースのデビューシングルの表題曲です。
冬限定のチョコ「メルティーキッス」のCMソングに起用されました。
この曲は前述のオーディションの3次審査の課題曲ですが、課題曲バージョンではEXILEのATSUSHIとTAKAHIROが歌っているバージョンで歌詞も変わっていたりします。

M4 リフレイン

2011年発売の5thシングルの表題曲です。
作詞はAKB48関連グループの作詞やプロデュースを務める秋元康さんが担当しました。

すれ違ってはいけない2人がすれ違った時の感情を歌詞に表現してますね。
また、このシングルからオリジナルのカップリング曲が収録されるようになりました。

M5 FIGHTERS

2011年発売の4thシングルの表題曲です。
ロックテイストを取り入れた男らしい曲調がかっこいいですね。
当時のDOBERMAN INC(現DOBERMAN INFINITY)のラップもなくてはならないものとなりました。
一部のライブではNAOKIがこの曲でギターを披露することもあります。
使用ギターはEXILEの冠番組にてTHE ALFEEの高見沢俊彦さんから譲り受けた黒のレスポールを使用しています。

初期のころの曲を聞いて

いかがでしたか?
三代目の初期の曲は初期のEXILEのようなR&Bテイスト溢れる曲もあれば三代目らしさが伝わる男らしいナンバーもありますね。
今年から来年にかけて日テレとEXILE TRIBEがタッグを組んだ大型プロジェクトに参加している三代目ですがいずれはEXILEを超えるようなグループになってほしいです。