目次

  1. 塗り絵が持つ様々な効果について
  2. 入門編として最適なのはこの塗り絵本
  3. 上級者向け
  4. 恐縮ですが・・・
  5. こんな素材もあります
  6. 塗り絵専門サイト
  7. まとめ

塗り絵が持つ様々な効果について

20080907 469990

科学的にはまだはっきりとした裏付けはない、と言われる「塗り絵」の効用。
しかし、科学的に実証されていなくても、実際のところ塗り絵によって次にあげるような様々な「変化」や「効果」を感じている人たちは少なくないと思います。
まずは塗り絵がもたらす人体への影響について考察した記事をいくつか引用いたします。

日本ブレインヘルス協会理事長の古賀教授によると、塗り絵が脳に
及ぼす作用を下記のように説いていらっしゃいます。

原画と下絵を見るのは脳の後頭葉、色や形を記憶するのは側頭葉。
紙の感触の確認や全体の構成のバランスをつかさどるのは頭頂葉。
手の動きは前頭葉の中の運動野。塗るプランを立てることや完成させる
意欲は前頭前野が担う。脳全体を使うのである。
また、脳波を測定すると、塗り絵の後は、リラックスした時にでる
アルファ波が増える。一方、活性化すると現れるP300と呼ぶ脳波が
出てくることも分かってきた。

出典: PLAZA.RAKUTEN.CO.JP

ストレスに効く!「大人の塗り絵」には、瞑想と同じリラックス効果アリ?


どうやら具体的には、筆圧や色の選び方で精神状態を分析することができるようですが、重要なのはその効果。米・メディア「The Baltimore Sun」でクリニカルソーシャルワーカーのMarti Faist氏はこうコメントしています。
「パニック発作を起こすような深刻なストレスに悩む患者たちを見てきましたが、塗り絵をするとまるで浄化されたかのように急速に血圧が下がっていきます」
リラックス法として、「塗り絵」を選ぶって斬新ですよね。でもこれ科学的にも脳にいい効果があるとわかっているようなんです。

これまで塗り絵の科学的効果は、具体的な検証が行われてこなかった分野でもありました。が、以前「三菱鉛筆株式会社」では、東北大学の加齢医学研究所の川島隆太教授監修の元、脳(前頭前野)が活性化するかどうかを検証し、『脳芸教室~大人の塗り絵』を発売しています。
同社のホームページで発表されている研究結果の内容によれば、単純な塗り絵の行為自体には具体的効果はなく、ぼかしや配色、色の濃淡を工夫する過程で脳が大きく活性化することがわかったそうです。

「大人の塗り絵」というからには、色をふんだんに使ってカラフルに仕上げたほうが効果があるのでは?と思いがち。
しかし、豊富な色を扱うよりも一つの色の濃淡のみで表現をするというなんともミニマルな表現を追求したほうが脳は活性化するのだそう。鉛筆デッサンやボールペン画も方法としてはいいかもしれません。

出典: NEWS.LIVEDOOR.COM

Img4

単に何も考えずに色塗りだけしてれば脳にいい、ってわけじゃないんですね。

塗り絵も、より綺麗に塗ろうとか、リアルに塗ろうとか、自分なりに頭を使って塗り方を工夫することで、脳が活性化=老化予防となるのでしょう。

出典: BRAINROUKA.SEESAA.NET

入門編として最適なのはこの塗り絵本

T2dxqdbwiw96eax 74szw 5

入門編としてオススメな、ダイソーから発売されている塗り絵本。
一冊100円ですから、気軽に始められますね。

上級者向け

02dma %e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%93%e3%82%bf%e3%82%ad

使用する画材、筆圧、乗せる色、微妙なタッチによってこれだけの作品に仕上げることもできます。

恐縮ですが・・・

まず最初にお詫びしておきます。
ここからの話はかなり個人的な内容になるからです。

筆者はこの数年間アナログイラストが趣味で家事と仕事の合間をみつけては、描き続けてきました。
題材は主に大好きな銀魂のキャラたち。そう、私が行っている創作活動はいわゆる「二次創作」と呼ばれているジャンルのものです。
原作者の空知先生を尊敬していますので、キャラをお借りしてはいますが、それぞれの設定や関係性を勝手に作り変えることは慎むように心がけています。

もともと子供時代からお絵描きは大好きでした。その頃の「将来の夢」は漫画家になること。
これは十代の半ば頃まで持ち続けた夢でしたが、いつのまにかそのほかのことに気持ちが移っていきました。


それがたまたまアニメが2年目に入ったばかりの銀魂を見て、再び「絵が描きたい!」と思ったのです。
現在の私のイラストは自分で描いた線画に、まさに「塗り絵」をしている感覚です。
アナログ絵の醍醐味は、微妙な色味の「ブレ」「かすれ」や「にじみ」。
私が使っているのは、主にコピックというコミック専用のマーカーや、水彩色鉛筆、普通の色鉛筆ですが、作品によっては色つけした作品の上に、千代紙を切って貼ったり、英字新聞の一部を切り抜いてアクセントにしたりと、かなり自由に創作しています。
またこれが本当に楽しいのです。

だから大人の塗り絵が流行るのはおおいに納得できます。
だって心から没頭できますからね。
気がつくと2~3時間経ってたなんてこと、ザラです。

そして出来上がりを楽しむのももちろんですが、塗り絵はその出来上がっていく「過程」もとても楽しい。
「ここはこうしよう、あの部分はこんな風に色を重ねよう」などとあれこれ考えている「瞬間」は、まぎれもなくその絵のことだけを考えていて、たとえ生活上で何か悩みを抱えていたとしても、その時間だけはそれらときっぱり縁が切れます。これは心の健康上とても大切なことだと思います。

52615591 p0

ちなみにこちらは最近制作した作品です。
ミリペンで線画を描き、その上からコピック、色鉛筆を使って何重にも色を塗り重ねていきました。
ススキの表現に一番時間がかかりましたが、描いている間は本当に楽しかったです。

こんな素材もあります

3133c7081722731978e924241db2bd69

女の子の憧れ、プリキュア!(※無料素材です)

18 kingyono

ご年配の方たちには懐かしい「きいちの塗り絵」っぽいノスタルジックな絵柄。

01293 450x337

季節感にあふれた可愛らしい絵柄。

塗り絵専門サイト

お気に入りの絵柄がみつかったら、ダウンロードしましょう。なお、楽しむのは個人的に。その他の用途で利用する時は、規約に従ってくださいね。

Princessbouquet450

MORIMU.COM

NURIE.MANIA9.COM

今や塗り絵は、フランスで教育プログラムに組み込まれているくらいになっているようです。 色の感性を大切にするお国柄が現れていますね。
またまた、最近では塗り絵が美術系能力を磨くのみならず、「1日1回の塗り絵で、脳を活性化させることができる」ということが盛んに言われております。いわゆる「脳トレ」効果ですね。


アートセラピー的に言うと、「視運動協調」という、なにやら難しげな言葉があります。これは「見ること」と「描くこと」という2つの作業がバランスよく行われているということ。通常、「見ること」は脳の後半部分を使い、「描くこと」は前半部分を使います。
そう、塗り絵をするだけで、脳全体を使うことができちゃうんです。 塗り絵なら、大してお金もかからないし、難しい決まり事もないし、脳トレやボケ防止には最適でしょう。
塗り絵は一般的に図柄が豊富で、一度に思い思いのたくさんの色を使うことができますよね。何も考えずに好きな色を使って塗り絵をしているだけで、飽きずにほどよいリラックス効果を脳に与えることができる、というワケです。

出典: NURIE.MANIA9.COM