目次

  1. 自分の作ったフリーゲームが製品になる!?
  2. 『洞窟物語』
  3. 『コープスパーティー』
  4. 『レミュオールの錬金術師』
  5. 『三十秒勇者』(勇者30)
  6. 人気が出れば商品化も夢じゃない!

自分の作ったフリーゲームが製品になる!?

ネットにはたくさんの個人製作ゲーム、通称”フリーゲーム”がたくさんあります。
皆さんも一度は遊んだことがあるかと思います。

Image1

無料ですぐに手に入り、出来が良ければかなり遊べるという、ゲームとしてはなかなか良いものです。 ゲーム制作ツールもたくさんあるので、フリーゲームを作っているという方も多いかと思います。

フリーゲームは基本的に趣味で作った無料ソフトウェアという位置づけです。 しかし、人気が出れば商品化されることも夢ではありません。 現に、もともとはフリーゲームだったものが商品化された例はいくつもあります。

『洞窟物語』

洞窟物語とは、開発室Pixelによって製作されたフリーのPCアクションゲームである。
さまざまな武器を扱いながら、舞台となる洞窟の謎を解く2Dのレトロ風味シューティングアクションゲーム。ふわりとした独特な挙動のジャンプが特徴である。ゲームプログラムはもちろん、作中のドット絵、シナリオ、BGMなど全て作者一人によるものである。

出典: DIC.NICOVIDEO.JP

C8689b423398fcaed716f1a1f019d603

STUDIOPIXEL.SAKURA.NE.JP

マルチエンディング形式の重厚なストーリー。
BGM、アクションゲームとしての出来など、あらゆる面において非常に完成度が高いゲームです。

2008年以降にはWiiやニンテンドーDSiでのダウンロード販売がされ、
2011年にはソフトウェアとしてニンテンドー3DS版が発売されました。

81cxvtwhoil. sx385

NIPPON1.JP

『コープスパーティー』

廃校を舞台に繰り広げられるホラーアドベンチャーゲームである。

PC-9801版RPGツクール「Dante98」で製作されたツクール作品で、KENIXSOFTが製作。
1996年頃にツクールを専門とした季刊雑誌「LOGiN sofcom」(以下ソフコン)内のコンテストパークというコーナーに受賞作品として掲載、付属のCD-ROMコンテンツにこの作品が収録された。

出典: DIC.NICOVIDEO.JP

Fac47db6

WWW.GRIS2.COM

グラフィックや音楽を可能な限り使用し、更にマルチエンディングを導入するなど、フリーゲームとは思えないクオリティの作品でした。

2010年8月PSPへコンシューマー移植したバージョンが発売されました。

5101jq398gl

CORPSE.JP

『レミュオールの錬金術師』

レミュオールの錬金術師とは、サークル「犬と猫」が製作したお店経営シミュレーションゲームである。
元はフリーゲームだが、高い人気から携帯アプリとDS、ダイソー(Win版)に移植された。

出典: DIC.NICOVIDEO.JP

商品を販売し利益を出していく。
販売個数に応じて自動仕入れや加工といった機能が追加され、更なる利益を追求することができる。
一応目的は「主人公の借金返済」だが、ゲームに慣れるくらいでたいていその目的は達成できるので、借金を返済してからがこのゲームの本番といえるだろう。

出典: DIC.NICOVIDEO.JP

Ss title

INUTONEKO.JP

高い人気があったゲームであり、ダイソーの『ザ・ゲームシリーズ』の1タイトルとして発売。
その後、携帯アプリ版が配信され、2008年7月にはニンテンドーDS用ソフトが発売されました。