目次

  1. !!! (チック・チック・チック) とは
  2. 代表曲

!!! (チック・チック・チック) とは

Chk chk chk web1

!!! (チック・チック・チック) は、1995年にアメリカで結成されたロックバンドです。彼等の楽曲を一言で表すなら、まさに「ダンスロックミュージック」。ついつい、聴いてるコチラ側が身体を動かしたくなる楽曲の数々。そして、ボーカル、ニック・オファーの怪しい動きと短パン。強烈なインパクトで僕らを熱狂させてくれるバンドです。見た目やインパクト勝負のバンドではなく、2010年にはフジロックフェスティバルのホワイト・ステージのヘッド・ライナーを務めるなど、実力も伴ったバンドです。そして、今月待望の来日を果たしましたが、チケットもSOLD OUTするなど、日本でも非常に人気のあるアーティストです。

代表曲

!!! (Chk Chk Chk) 「Must Be The Moon」
3rdアルバム「Myth Takes」収録の一曲。彼等の真骨頂である、パーティーチューン的な一曲。
但し、MVはとにかく妖艶です。ニックの古きグラムロックスターを模倣したような怪しい格好。
しかし、この妖艶さに楽曲のグルーヴ感が相まって、観るものを魅き付けます。

!!! (Chk Chk Chk) 「Heart Of Hearts」
3rdアルバム「Myth Takes」収録の一曲。これこそ、!!!と言える、妖艶かつグルーヴィーな一曲です。但し、MVはライブ映像を繋ぎ合わせたものという低予算感がバッチリなものとなっています。しかし、このMVこそ、ボーカル・ニックの怪しい動きを思う存分に観る事ができます!とにかくMVの中盤に出てくるニックの腰振りシーンのオンパレードには、少々笑みが出ますが…それを吹き飛ばすだけの楽曲のカッコ良さです!

!!! (Chk Chk Chk) 「One Girl/One Boy」
5thアルバム「THR!!!ER」収録の一曲。彼等にとっては、珍しく(?)王道なダンスチューンである。
そして、珍しく男女のデュエットソングとなっている。リリック的にも真面目にラブソングを歌っています。
けれども、やっぱりMVでのニックのスタイルは短パン!(笑)