目次

  1. EPISODE IV 新たなる希望

EPISODE IV 新たなる希望

銀河帝国建国、そしてジェダイ滅亡から十数年、銀河系は銀河帝国皇帝パルパティ−ンよって圧政されていた。
反乱同盟軍のスパイは銀河帝国の兵器であるデス・スターの設計図を盗むことに成功した。
パルパティーンの弟子であるダースベイダーは師から盗まれた設計図を取りもどす命令をうける。

同盟軍の指導者であるレイア姫は惑星オルデランへの帰還の途中であったがダースベイダーの乗る帝国戦艦に襲われ捕まってしまう。
レイア姫は捕まる前にドロイドR2-D2に救援メッセージとデス・スターの設計図を隠しC3POとともに船から脱出させる。
惑星タトゥーインについたドロイドたちは星の原住民につかまり売られてしまう。青年ルーク・スカイウォーカーに買われドロイドたちは家を抜け出しオビ=ワンに会いに行くがその途中追ってきたルークとともに盗賊タスケンに襲われる。
近くに住んでいる老人ベン・ケノービーに救われた彼らはその人こそがオビ=ワン・ケノービーだと知り、オビワンにルークの父アナキンのライトセーバーを見せジェダイを裏切ったベイダー卿のことを話す。レイア姫を救うためのたびに誘うがルークは叔父が許さないと拒否し、家に帰る。しかしそこはドロイドたちを追ってきた帝国軍によって育ての親を殺されてしまっていた。
故郷にとどまる理由をなくしたルークはジェダイになることを決め旅に加わりオルデランへと向かうのであった。港で宇宙商人のハン・ソロとウーキー族のチューバッカを雇い宇宙船ミレニアム・ファルコンでオルデランへと向かう。

Star wars a new hope a l

囚われたレイアは同盟軍の秘密基地の居場所を尋問され問い続けられていた。故郷オルデランを破壊すると言われ、すでに使われていない基地の名前を言うが見せしめとしてデス・スターのスーパーレイザーによって破壊されてしまう

オビワン一行がオルデランいついたときはすでに姿形はなく、付近にあったデス・スターにトラクタービームによって引き寄せられ捕まってしまう。


New hope 3

船に隠れたルークたちは帝国軍の兵士ストームトルーパーのスーツを奪いなんとか管制塔につく。
そこでR2はレイア姫の居場所とトラクタービームの切り方を発見する。
ルークたちはレイア姫救出、ベンはビームを切りにむかった。
なんとかレイア姫を救出するがベンがビームを切った帰りにダースベイダーと対峙し戦うが突然ベンがライトセーバーを収めベイダー卿の太刀をうけたのを目の当たりにする。
切られたと思ったルークだったがそこには屍体はなかった。

Obiwanvaderanhduel

ファルコン号に乗ってデス・スターから脱出した一行はレイア姫の案内で同盟軍基地にいきそこでデス・スターの弱点である排熱口からミサイルを撃ち込むという作戦を立てる。

ルークは同盟軍の戦闘機に乗り、ハン・ソロたちはファルコン号からデス・スター破壊作戦を実行。
デス・スターによって同盟軍基地のあった衛星を破壊されるなど犠牲を出したが同盟軍の助けを借りてデス・スターを破壊することができたのだった。

デス・スター破壊によって反撃を加えた同盟軍だったが、宿敵ダースベイダーとその師パルパティーンことダース・シディアスの居場所は突き止められなかった。