目次

  1. 『下妻物語』
  2. 『ハピネス』
  3. 『官能と少女』
  4. 『あまがみエメンタール』
  5. 『ゴシック&ロリータ幻想劇場』
  6. いかがでしたか?

『下妻物語』

519x32tgfcl. sx327 bo1 204 203 200

映画化もされた有名作品。
実在するロリータブランド「BABY , THE STARS SHINE BRIGHT」が登場します。
お洋服の描写がとにかく細かいので、ロリータファッション好きの方はとても楽しめると思います。
深キョンのロリータ姿がとびきり可愛い映画版もおすすめです。

『ハピネス』

51oavpwvzcl. sx348 bo1 204 203 200

こちらも『下妻物語』同様、嶽本野ばら氏の作品です。
こちらには実在するクラシカルロリータブランド「Innocent World」が登場します。
ちなみに、これら2作品以外にも、彼の作品にはロリータファッションが登場するものがたくさんありますので、読んでみてくださいね。

『官能と少女』

51i 2badk64ql. sx342 bo1 204 203 200

短編集のこちらには、「コンクパール」という短編小説の中にロリータファッションが登場します。
表紙のイラストは、ロリータブランド「Angelic Pretty」などでDMイラストを描かれたりしている今井キラさんのものです。ロリータファッション好きの方は、そのあたりもときめきポイントになるのではないでしょうか。

『あまがみエメンタール』

51pnh1vodll. sx352 bo1 204 203 200

閉鎖的な女子校が舞台の、百合ライトノベル作品です。
こちらはヒロインの女の子が常に可愛らしいロリータファッションに身を包んでいます。
ヒロインの母親がロリータブランドのデザイナーという設定のため、結構ディープな話なども出て来ておすすめです。

『ゴシック&ロリータ幻想劇場』

513w4t 2bluhl. sx356 bo1 204 203 200

ロリータ系ファッション誌『ゴシック&ロリータバイブル』に掲載された短編をまとめた短編集です。
ロリータファッションもさることながら、多種多様な設定&ストーリーを楽しむことのできる満足度の高い短編集となっています。
ファッション誌『KERA!』などでも活躍されているイラストレーター・妖さんによる表紙イラストも素敵。

いかがでしたか?

ファッションに着目して小説を読むのも楽しいものです。
一つでも気に留めていただけたら嬉しく思います。ぜひ読んでみて下さいね!