目次

  1. チンクルって何者?
  2. ばら色ルッピーランドって?
  3. おわりに

チンクルって何者?

Dscn0139

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』より登場。35歳独身、全身緑のタイツに濃い顔をしており、妖精に憧れている。「チンクル、チンクル、クルリンパ」という自分で考えた謎の呪文(妖精のおまじないらしい)を唱える。ゲーム中では地図を描いたりするなど、主にプレイヤーキャラクターの手助けをする役割として描かれるが、『ゼルダの伝説 4つの剣+』ではお邪魔キャラクターとして登場することも。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

初登場はムジュラの仮面。
海外では、「重厚なゼルダの世界観に合わない」と大変不評なのですが、私は重厚かつシュールなゼルダの世界観に結構合ってると思うのですが…。
ちなみに声は、ムジュラは大西健晴氏、風のタクトは宮田浩徳氏と両方とも声優さんが演じていたのですが、
後の作品では倉島一幸氏(チンクルシリーズのアートディレクターで、アニメーター・ゲームデザイナー)が演じることに。
これがかなりピッタリ!おかげで奥さんのブログに登場するときは、「チンクル」という名前で出るようになってしまったとか。

ばら色ルッピーランドって?

88

冴えない毎日を送る35歳独身男性。
ある日彼は、「西の泉に来い」という謎の声に導かれ、ルピじいという神様のような仙人のような老人と出会います。

1152249231611

ルピじいは、泉にたくさんのルピー(所謂お金)を投げ込んだ者だけがたどり着ける楽園「ルッピーランド」の存在を語ってくれます。
それに乗せられ、35歳主人公は「チンクル」に姿を変え、ルピーをモリモリ集める旅に出ます。
それは波乱万丈で壮大な冒険の幕開けでした。
誇張ではなく、巨大な虫と戦ったり、火山で火炎竜と戦ったりと結構スケールのでかい冒険を(ルピーの為に)くり広げます。

C noflash2

ですがこの世界、とにかくルピーにシビアな世界。
買い物だけでなく、情報を聞く為に、更には買い物をする権利の為に、ルピーを使って交渉しなくてはいけません。

Ch30

ですがこのゲームの醍醐味である交渉は、ギリギリ「これくらい?」「もうちょっと安く出来る?」という駆け引きがとっても面白い。
上手くいった時のテンションは毎回爽快です。

Smile

更にこのゲームの要、広がる世界にダンジョン。
どんどん色んな大陸にいけるようになり、そこで必ず遭遇する様々なイベント。
個性豊かなキャラクター達との交流は、RPGの醍醐味たっぷりです。

Tinkuru2

ゲームのヒロインピンクルは、チンクルの冒険を手助けしてくれる存在。
モニター越しの交流しか出来ませんが、ゲームが進むと…。

おわりに

ちなみにこのゲームの発売日は2006年ですが、当初は雑誌に2600年と載っていました。
そんなことは無いとは思いますが、当時はゲームがゲームだけに「わざとじゃないか」という噂が流れました。
普通のゲームにあきたかた、是非やってみてください。意外とじんわりするイベントも多いです。