目次

  1. まとめ

一作目はソニックR……ですが、内容にソニック要素はなし!
まああくまでセガサターンのCMですから。
ちなみに子供に手当たり次第背負投を投げる内容はたぶん今では放送できませんね……

ディスコ、全滅!
踊りなんかよりもセガサターン、シロ!ということですねわかります。
逮捕もんですよね……

主題歌が流れ始めるボンバーマンバージョン。
爆発は実際に爆破しているのでかなり熱かったらしいです。
三作目にしてようやく(若干)ゲーム要素が出ました。

サンタクロース……かと思ったか、せがた三四郎!
子供にセガサターンをプレゼントするだけという今までで一番優しいせがた三四郎でした。

巨大なセガサターンのプロップを持って、なんか修行っぽいことをしてるせがた三四郎。
ちなみにこの巨大セガサターンプロップは四十キロあったらしく、その状態で素足で道を走ったので足裏に小石が刺さるなどひどい模様だったらしいです……さすが、せがた三四郎。

基本は上記の修行編と同じですが、年末年始特別編集版です。
本当無茶やってますね……

頭を使う(物理)
パズルゲームなので頭を使うのはいいですが、それを頭突きで表現するのは、さすがセガ!

パンツァードラグーンなので竜のお面でダンス。
……意味がわかりません。というか他に言うことないですねこのバージョン。
予算がなかったのか……?

スピードスケートVSせがた三四郎。
本当に氷の上で本当に裸足で走ったそうです。どんな拷問だ……。うーん、さすがせがた三四郎。

OPが有名なバーニングレンジャーのCM。
人命救助と火災現場に突入し、人工呼吸……って、まずは逃げ出して!
ゲームを微妙にパロったせがた三四郎には珍しいタイプのCM。

まとめ

上記でちょこちょこ説明してますが、これらは藤岡弘、氏によるほぼガチなスタントです。
苦労してますね……おかげで、確実なファン層を獲得できたわけですが。
次回は後半戦。せがた三四郎最後の勇姿をご覧あれ。